獣医に必要な資格

獣医になるために必要な資格

獣医師は動物のお医者さんです。

まず覚悟しておかないといけないことは、決して優しくて楽な道のりというわけではないのです。
動物は人のようにしゃべってはくれません。
なにか疾患があってもその原因は獣医師の判断に委ねられます。

これが人でしたらどこが痛いのかとか、何を治療して欲しいのかなど訴えてくれるので、その判断の適否はともあれ見当をつける際には役立ちます。
ですので、獣医師の仕事の内容はハードであり、難易度も高い仕事であると考えておいて下さい。

獣医師になるためには専門の大学や獣医学部に入学して、6年間しっかりと基礎と専門の学問を学んで、獣医師の国家試験を受験して合格する必要があります。
医師や弁護士などと並んで高度専門職として認められているので、日頃からの普段の努力が必要となります。
恐らくあなたが住んでいる街には少なからず動物病院があるので、一般病院と並んで至極ありふれた施設です。

ただし獣医師の数はまだまだ少なくて、毎年新卒の獣医師の数は千人程度になります。
医師、歯科医師や薬剤師と比べてもその人口は極めて少ないのが現状です。
その大きな理由として、獣医になるために必要な獣医学部の数は少なくて、入学試験は国私立大学共に極めて狭き門なのです。

受験できるレベル

その受験レベルは医学部のそれと変わりません。
しかも大学によって得意とする分野も異なるので、さらに狭き門となる要因にもなっているのです。
それは例えば犬や猫などの小動物の臨床に力を入れている大学、牛や豚などの家畜などの大きな動物の臨床に力を入れている大学など、大学によって特色があります。

受験生は自分の興味や関心に基づいて下調べをしてから、受験する大学を選びますので、ただ獣医学部だから良いというわけではなくて、将来を見据えた大学選びが必要となり、自ずと選択肢が狭まって受験が激化してしまいます。

小動物が好きなのに大動物ばかり扱う大学、あるいはその逆の大学に入学してしまうと、進路変更を余儀なくされるので大学選びは極めて重要です。
獣医になるためには一般的に1年生から3年生の途中までは、一般教養と獣医学の基礎や一部専門を学びます。
座学が中心となる生活が続き、3年生から6年生にかけてはさらに専門的な講義や、実習が入ってくるので丸1日講義や実習三昧の日々となります。
こうして6年間しっかりと獣医に関する知識と実習を学んだ後は、いよいよ獣医師になるための国家試験を受験するのです。

試験はマークシート方式です。
合格率は9割程度ですので、大学でしっかりと学んできた方であればまず合格出来るでしょう。
私立大学は一般的に国家試験対策を行ってくれますが、国立大学は独学で試験対策を行う必要があります。

無事に合格出来ればいよいよ獣医として活躍することが出来ます。

10月 6th, 2013 by