トリマーの資格について

トリマーになるには?

トリマーの資格トリマーになるために絶対必要な資格というものはありません。前項で説明した通り、トリマーになりたい人は誰でも、専門学校でトリマーとしての知識や技術を身に付ければトリマーとして働くことができるので、特に資格にこだわる必要はありません。

だだし、トリマーにはいくつかの民間資格があり、そういった資格を取得することで就職しやすかったり、幅広い知識を得ることができます。

いくつかあるトリマーの民間資格の中で、もっとも知名度が高いのはJCK(ジャパンケネルクラブ)のトリマー資格です。JKC公認のトリマー資格は難易度によってC級・B級・A級・教師・師範の5階級あります。ペットサロンによっては採用条件にJCKトリマー資格B級以上などの条件がある場合もあるので、トリマーとして働きたいならばまずはJCKの公認資格を目指すのが良いでしょう。

やはり、農林水産大臣の許可を受けた社団法人であるジャパンケネルクラブが公認しているという事実は大きいようです。

さて、JKC公認のトリマー資格を取得するためには、JKCが公認している養成機関(専門学校など)で所定の課程を修了し、卒業試験に合格する方法が一つ(この場合はC級資格を習得することができます)。そしてもう一つが、独学で勉強して実技試験に合格することです。

JKC公認の養成期間は他の養成機関と比べて非常に厳しい選定条件が設定されています。
また、カリキュラムもとても厳しいため、採用するペットサロンや動物病院の側でも、JKC公認資格を重視する傾向があります。

独学の場合は、ペットサロンなどで実際に働きながらトリミングの技術を磨いて試験を受けるという人が多いようです。JKCの刊行しているテキストなどで勉強をして知識を身に付けると同時に、サロンなどで実務に従事して腕を磨いて、トリマー資格を取得するという方法です。

ちなみに、C級に合格してからB級を受験するためには2年以上の経過しなければ受験資格は与えられません。B級からA級へは3年必要です。

資格の種類

JKC公認のトリマー資格以外にも、トリマー資格はいくつかあります。
JAHTA(日本動物衛生看護師協会)によって認定されるペット・グルーミング・スペシャリストもよく知られたトリマー資格です。

この資格はヤマザキ動物専門学校、ヤマザキ動物看護短期大学が独自に定める資格で、両校いずれかの過程を修了することで受験資格が与えられます。注意しなければならないのは、ヤマザキ動物専門学校は3年制だということです。多くの専門学校は1年または2年制を採用していますが、3年間しっかりと勉強することでトリマーとしての即戦力を育てることが目的をしています。

そのため、ペット・グルーミング・スペシャリストの資格も就職の際に高く評価される資格とされます。

この他にも、日本ペット技能検定協会認定や、JADP(日本能力開発推進協会)、日本ケンネルカレッジが認定するトリマー資格あります。

7月 5th, 2012 by