災害救助犬トレーナー

災害救助犬とは

災害救助犬は近年の大規模な自然災害でも大活躍をしたとして有名になった犬です。

災害救助犬の主な仕事は地震や雪崩などで埋まってしまってどこにいるかがわからなくなってしまった人に対し、鋭い嗅覚を用いてどこにいるかを探すということです。

地震の他にも大雨による土砂崩れや登山中の地すべりなどによって自力では救助に向かう人たちのところに合図を送ることができなくなってしまう人も多くいます。

そんな時には人にはとても感じることができないような気配や臭いを感じることができる犬に発見のための役割をしてもらうことで飛躍的に発見率を高めることができます。

実際の災害現場でも災害救助犬の活躍によって救われた生命も数多くあり、今後もより多くの災害救助犬が必要になる場面が出てくるのではないかと予想されます。

災害救助犬トレーナーになるには

災害救助犬とよく混同されているのが警察犬です。

いずれも嗅覚をもとにして何かを探す業務犬なので同じような訓練をしているかのように思われることもあります。

しかし警察犬の場合には何らかの特定の臭いをもとにある人の足取りを探したり、証拠となるような物が近くにないかということを探すのに対し、災害救助犬は広い範囲の場所で複数流れてくる臭いや気配を察知して隠れている人を見つけるという全く違った能力が必要になります。

つまり警察犬の訓練と災害救助犬の訓練は全く違うものなので、トレーナーもそれ専門の知識や技術を備えていないといけません。

災害救助犬は警察署のように特定の組織に所属をするのではなく、指導手となり必要に応じて要請を受けて現場に向かうことになります。

仕事をする前に認定試験に犬が合格しなければいけないということでは警察犬と同じですが、災害救助犬の場合には個人ではなく最初からJKOのような専門の養成機関に幼犬の頃から入り、そこでトレーナーとともに生活をしながら必要な能力を身につけていきます。

1月 21st, 2017 by