ドッグトレーナー

ドッグトレーナーについて

近年のペットブームの影響で、家庭で犬を飼う方も多くなりました。
ペットは家族の一員ということで、出かけるときにもなるべく一緒に連れていきたいと思いますが、そこで重要になるのが「しつけ」です。最近では犬などのペット同伴で入店できるお店も増えてきていますが、そういった場所で犬と一緒に楽しく過ごすためにも、犬に社会的なルールをしつけることはとても重要なことです。
そこで、活躍するのがドッグトレーナーと呼ばれる人々です。

犬のトレーニングと言っても、いろいろなタイプのものがあります。
一般的なペットとして犬を飼っている場合には、家庭内でのトイレを躾けたり、人が訪ねてきた時に騒がないように躾けたり、また、散歩に出かけた時にフラフラせずに道の端をまっすぐ歩かせるような躾が重要になります。一方、ドッグショーなどへ出場を目指している犬ならば、独特のマナーを教えこませたり、美しく見せるためのポーズのとり方などを教える必要があります。

アジリティドッグとして競技会へ出場させたいと考えているならば、専門のトレーニングが必要となるでしょう。その他にも警察犬や災害救助犬といった犬を訓練するトレーナーもいます。

ドッグトレーナーという仕事には国家資格がないので、ドッグトレーナーになりたいと思ったらすぐにでも訓練士として活動することもできます。しかし、トレーニングについての知識やスキルをほとんど持っていないのに訓練士として活動しようと思っても、誰も相手にしてくれないでしょう。ドッグトレーナーには民間資格がいくつかあるので、そういった資格を取得してトレーナーとしての腕を磨くことが必要です。

資格情報

数ある民間資格の中でも、お勧めはジャパンケネルクラブの訓練士資格です。
ドッグトレーナーの仕事に就きたいと考えているならば、すべての犬種の訓練を行えるジャパンケネルクラブの資格を取得を目指すのが良いと思います。先程も言いましたが、ドッグトレーナーは資格がなくても仕事ができます。しかし、資格があるとないとでは業界内や飼い主さんからの信頼度がまったく違うので、資格を取得することをオススメします。

さて、ジャパンケネルクラブの訓練士資格には家庭犬訓練試験(CD)・警備犬訓練試験(GD)・FCI国際訓練試験(IPO)・同伴犬訓練試験(BH)・オビディエンス試験(OB)があります。
そのなかでも特に取得しておきたいのが、「FCI国際訓練試験(IPO)」という資格です。

このIPO訓練試験はFCI(国際畜犬連盟)が定める国際訓練規定に基づいて行われる試験で、世界中で通用する資格となっています。試験科目は足跡追及(嗅覚で足跡を追跡する)・服従(訓練士の命令への従順性)・防衛(襲撃者から身を守る)となっていてます。

特に大型のジャーマン・シェパードやドーベルマンなどを飼育する人は、警察犬にしたり競技犬にするつもりはなくても、他人に危害を加えたりすることがないように、しっかりとした訓練をしてあげる事が必要になります。IPO訓練試験に合格すれば、このような訓練を行うことができるようになります。

7月 5th, 2012 by