ビジョナリーアーツ

動物との生活を楽しみながら学べる

教師専門学校のビジョナリーアーツでは、実際に動物との生活を楽しみながら学べる環境が整っています。
将来はペットシッターになりたい方に最適な学習環境が整っているため、学生生活を楽しみながらペットシッターになるために必要なスキルを習得できるメリットがあります。
ビジョナリーアーツのペット学科は2年制で、犬や猫との生活を思い切り楽しむことが可能です。
将来はペットシッターになるために頑張りたいと思っているのに家庭の事情で実際に動物と暮らした経験がないという方も、学校内で暮らしている動物と直接触れ合うことで動物との生活を疑似体験できます。
実際に仕事としてペットシッターになった時を想定しながら学習できるため、実践的な内容を習得できます。

参考:専門学校 ビジョナリーアーツ

ペット学科の特長

ビジョナリーアーツのペット学科では、それぞれ担当犬や猫が付くことになっています。
受け持った動物に対して普段から健康管理をしっかり行い、しつけや日常的なお手入れを行います。
犬舎では100頭以上の犬が生活をしており、毎回何らかのハプニングが発生しているため、慌てずに冷静沈着な対応をしなければいけません。
生徒が担当として受け持った犬のお世話を行うことで、大切な命を預かっているのだという意識を持ちながら自然とスキルを習得することができます。
担当の動物は長期休暇の際に自宅へ連れて帰ってお世話をするホームステイ制度を設けています。
学校での生活以外にも常に動物と過ごす環境にあるため、強い信頼関係を結ぶことができ、将来は動物と関わる仕事を行う際に必要になるプロとしてのスキルを養うことができます。

ペット学科の専攻コースは複数存在しています。
トリマーとしてのスキルを習得できるドッググルーミング、犬の正しいしつけを行うスキルを習得するドッグトレーナー、動物病院で医師のサポートを行う動物看護、動物看護の基礎的なスキル以外にもリハビリなどを行うために必要なスキルを習得する動物理学療法、動物とのふれあいを通じて癒やしを求めるアニマルセラピー、人間とペットが共生する社会作りに役立つペットビジネス、猫に関する専門スキルを総合的に学ぶキャットマスターの専攻があります。
それぞれ専門的なスキルを習得して、将来の自分のために活かすことが可能です。
ペットシッターを目指している方はドッグトレーナーを選ぶ方が多いようです。

実際に学校内の雰囲気を知りたい場合には、オープンキャンパスを活用するのがおすすめです。
ペット学科でも定期的にオープンキャンパスを実施していますが、毎回実施する体験内容が異なります。
例えば子犬の健康チェックやプロから学ぶ犬のシャンプー方法、子犬のトレーニング方法など様々な内容がもりだくさんです。

8月 28th, 2015 by