学校法人 中央工学校 中央動物専門学校

校有犬およびモデル犬の種類が充実した専門学校

学校法人中央工学校中央動物専門学校は、過去に有名なモデル犬を数多く輩出してき実績のある専門学校です。
キャンパス内に学校全体で飼育している「校有犬」がいるということが最大の特長となっており、2016年現在では三代目飛鳥(あすか)というゴールデンレトリバーのオスがそれに就任しています。

他にもミニチュアプードルの「ぼく」やミニチュアシュナウザーの「一太」、ポメラニアンの「ロコン」といったように数多くの犬たちが生活しており、犬好きにとってはたまらない環境と言えます。

もちろんかわいいだけではなく動物の世話を学んでいくための施設・設備も充実しておりそれぞれの犬種の性格や特長をリアルに知っていくことで卒業までに犬のスペシャリストを養成することができます。

学校では過去にCMや雑誌のモデルを経験したモデル犬も数多く在籍しており、いつも読んでいる雑誌の犬たちに直接会えるチャンスにもなっています。

学校の所在地はJR山手線田端駅から徒歩4分という好立地にあり、都内近郊に住んでいる人たちにとっても通いやすい環境です。
建物は広々とした空間で作られており、階層ごとに専門的な実習ができる施設となっています。

トリマー・動物看護師・愛玩動物飼養管理士の資格取得ができます

中央動物専門学校では「愛犬美容科」「愛犬美容研究科」「動物看護科」「動物看護研究科」「動物共生研究科」「動物共生総合科」といった学科で学生を募集しています。

これらはいずれも動物に関するサービスを専門的に学んでいくことができるもので、ペットショップやペットサロンのようなサービス業をはじめとし、動物病院など医療関連施設、また動物に特定のトレーニングをしていくためのトレーナー職にも就くことができます。

学校は文部科学大臣認定の職業実践専門課程全科認定校となっているため、就職時の信頼性も高く卒業時の就職率もかなり高いものとなっています。

最初に少し紹介した校有犬も常時100頭以上が所属しており、カットモデル犬として登録されている犬は2000頭以上とかなり地元からの信頼も厚いところとなっています。

入学条件は高等学校又はそれに準ずる学歴の者とされており、推薦入学や一般入学、社会人入学など複数の方法から入学をすることができるようになっています。

特徴的なのがいずれの科に入学しても卒業までにトリマーや動物看護師、愛玩動物飼養管理士の資格を取得できるようになっているということです。

就職先はペットショップやペットサロン、動物病院など多岐にわたっており、入学前から特別に進路を限定しなくとも学習を進めながら自分にあった就職先を探していくことができます。

3月 23rd, 2018 by