学校法人 佐山学園 アジア動物専門学校

茨城県石岡市貝地のペットスタイリストを目指せる専門学校

学校法人佐山学園アジア動物専門学校は、茨城県石岡市貝地にあるペットサロンに勤務するための技能を学ぶことができる専門学校です。
都心部からはやや距離がありますが、水戸駅から電車で30分という距離に位置しています。

学校内の敷地面積はかなり広く、校内で実際の犬たちと触れ合うことができるだけでなく、盲導犬や介助犬といった特殊な犬とともに実習ができるようになっています。

この盲導犬や介助犬の育成については育成認可がある学校でしか行うことができないのですが、アジア動物専門学校においては認可を受けている全国的に珍しい育成専門学校となっています。

学校の運営方針として動物の殺処分ゼロを目指しているということもあり、積極的に「ドッグオーナーシップ(無償譲渡制度)」を進めていたりと動物たちを単なる教育の道具としてではなく守るべき生命であると位置づけています。

カリキュラムの大きな特長となっているのが「実習第一主義」で、将来的に動物医療の技術職を目指す学生のために数多くの実習経験ができるようにしています。

実践優先としつつも基礎的な教育の重要さもきちんと認識しており、在学中には職能スキルだけではなく動物愛護の精神やそれを取り巻く状況について総合的に学ぶことができます。

ペット業界で求められる人材を育成する施設

アジア動物専門学校では、様々な動物業界への就職に対応することができるように質の高い研修制度を実施しています。

茨城県内では唯一「全国ペット協会」の指定校となっており、ペット業界に精通した人材を輩出しています。
アジア動物専門学校では独自の研修ネットワークを持っており、学生それぞれの希望に合った就職先に合わせ研修方法を提案してくれます。

これまで就職先となった場所としては、全国の動物病院などの動物医療の関連施設や大手ペット製品メーカー、ペットサロンといったところが挙げられています。

茨城県内の地元においては絶対的な影響力のある専門学校であるため関東近郊で勤務をしたいと考える人は入学をしてみることをおすすめします。

入学時にはまだ自分の進路について決め兼ねているという人に対しても、アジア動物専門学校では早期に就職相談窓口を設置しておりどういった進路方法があるかということを学生とともに考えていくことができる体勢が整えられています。

また学校内での教育では、職能スキルを身につけるというだけでなく、動物の生命を預かるという責任感を培う「人間力の育成」にもかなり力を入れています。

動物へのサービスは、それを行う人間の動物愛護の精神あってのことであることをこの学校に通うことでより強く実感できます。

4月 24th, 2018 by