Category: スクール

2月 22nd, 2018 by SLbec7uK

日本初の犬用ホテルを開設した企業

シモゾノ学園は、1956年に東京都港区青山に日本初の犬用ホテルを開設した「青山ケンネル」を母体とした企業です。
1984年には青山ケンネルカレッジ東京校が開校しており、その後「学校法人シモゾノ学園」となることで複数の専門学校を展開するようになりました。

現在専門学校として展開しているのは「学校法人シモゾノ学園 国際動物専門学校」と「学校法人シモゾノ学園 大宮国際動物専門学校」の二校で、いずれも都内近郊で動物関連の仕事に進学を望んでいる学生向けの内容でカリキュラムが組まれています。

学校で学ぶことができるスキルとしては、ペット向けの美容トリマーや動物看護師、ドッグトレーナーといった複数の業務に分岐しています。

いずれの校舎も広く、実際の動物たちとふれあいながら実践的な実習をしていくことができます。
明るく清潔な飼育室には様々な犬種の犬たちや小動物が飼育をされており、学習をしながら動物と直接的な関わりを持っていくことができます。

もちろん就職に関する相談室も充実しており、先輩の就職状況や今後どういったところから求人が出るようになるかといった情報をリアルタイムで集めることができます。

犬や猫といった一般的なペットにかぎらず、国際動物専門学校では爬虫類やエキゾチックアニマルなど希少な動物も取扱をしているので、現場に出た時に即戦力となれる経験を積んでいけるでしょう。

国際動物専門学校の入学条件と進路について

国際動物専門学校および大宮国際動物専門学校では、入学をする人の条件として高等学校卒業者もしくは同等の学歴がある人を掲げています。
社会人入学枠もあり、複数の受験方法から自分に適したものを選んで入学することができます。

募集している学科としては「動物看護・理学療法学科」「動物看護・栄養学科」「美容・デザイン学科」「自然環境・動物飼育学科」「しつけ・トレーニング学科」があります。

これらはそれぞれ進路先が微妙に異なってくるため、将来的にどういった方面で動物たちと関わる仕事をしていきたいかということを考えて選ぶようにするのがよいでしょう。

このうち「動物看護・理学療法学科」のみが3年制となっており、他の4学科は2年制で卒業することができます。

在学中に取得できる資格の種類も非常に多く、NPO法人日本動物福祉職能協会認定の動物栄養管理士(2級・3級)や、アニマルメディカルテクニシャン、ドッググルーマー、トリマー(2級・3級)、キャットスペシャリスト(2級・3級)などなど有名なものがずらりと挙げられます。

どちらかというとペットサービス系よりも動物医療系に強い学校と言えるかもしれません。

Posted in スクール

1月 21st, 2018 by SLbec7uK

動物園・水族館・観光牧場・酪農畜産と幅広く就職できる学校

東京動物専門学校は、千葉県八千代市にある動物に関する仕事に就くためのスキルを身につけることができる専門学校です。

学校の前身となったのは「川原鳥獣貿易株式会社」で、前理事長が全国の動物園や水族館からのニーズに応える形で動植物について詳しい知識を持った人材を育成するようにして誕生しました。

東京動物専門学校では動物の飼育や看護の仕事を行う専門技術者を養成する課程が複数用意されており、動物園やサファリパークだけでなく、水族館や観光牧場、酪農畜産施設など沢山の場所に就職することができる職能を身につけることができます。

動物系の専門学校は卒業後の進路が非常に気になるところですが、この東京動物専門学校では非常に就職に強いというところが特長となっています。

大きな特長となっているのが、学校の敷地内に数多くの動物が飼育されており実地学習が非常にしやすい環境にあるということです。

富里キャンパスはまるでそれ自体が動物園であるかのような多数の動物が取扱されており、約230種1500頭にもおよぶ動物たちが存在しています。

実際に就職をしてから初めて本物の動物と接することが多い現在において、東京動物専門学校は学生時代に珍しい動物たちと直接接触することができるというのが強みになります。

富里キャンパスで学ぶことができることとは

東京動物専門学校では、八千代キャンパスと富里キャンパスの2ヶ所で講座を行っています。
富里キャンパスは京成電鉄「京成成田駅」よりスクールバスで20分とやや距離はありますが、飼育されている動物の種類は関東随一と言ってもよく、動物系の専門学校に通うならば絶対に候補に入れておきたい学校と言えます。

富里キャンパスの敷地面積は25,000平米と非常に広く、東京動物専門学校に入学した学生は1年生からこの敷地内で暮らす動物たちに触れ合うことができます。

キャンパス内には実習室の他にサル舎や爬虫類舎、水棲動物舎といったように細かく区分がされており、犬猫の他に珍しい動物の飼育をそのまま体験できるようになっています。

2年生以降は専門分野が分かれるようにコース選択がされるので、より具体的に自分の進路に合わせた動物たちと触れ合っていくことができます。

オープンキャンパスも頻繁に開催されているので、現在高校生で進学先を探しているということなら一度は参加してみることをおすすめします。
地方の人も資料請求など詳しい情報を入学前に提供してもらうことができます。

学校で選択できるコースは「動物管理科」のみとなっているので、入学前から動物飼育に関わる仕事をしたいという強い気持ちがある人にこそ向いている専門学校と言えるかもしれません。

Posted in スクール

2月 23rd, 2017 by SLbec7uK

動物園・水族館・観光牧場・酪農畜産と幅広く就職できる学校

東京動物専門学校は、千葉県八千代市にある動物に関する仕事に就くためのスキルを身につけることができる専門学校です。

学校の前身となったのは「川原鳥獣貿易株式会社」で、前理事長が全国の動物園や水族館からのニーズに応える形で動植物について詳しい知識を持った人材を育成するようにして誕生しました。

東京動物専門学校では動物の飼育や看護の仕事を行う専門技術者を養成する課程が複数用意されており、動物園やサファリパークだけでなく、水族館や観光牧場、酪農畜産施設など沢山の場所に就職することができる職能を身につけることができます。

動物系の専門学校は卒業後の進路が非常に気になるところですが、この東京動物専門学校では非常に就職に強いというところが特長となっています。

大きな特長となっているのが、学校の敷地内に数多くの動物が飼育されており実地学習が非常にしやすい環境にあるということです。

富里キャンパスはまるでそれ自体が動物園であるかのような多数の動物が取扱されており、約230種1500頭にもおよぶ動物たちが存在しています。

実際に就職をしてから初めて本物の動物と接することが多い現在において、東京動物専門学校は学生時代に珍しい動物たちと直接接触することができるというのが強みになります。

富里キャンパスで学ぶことができることとは

東京動物専門学校では、八千代キャンパスと富里キャンパスの2ヶ所で講座を行っています。
富里キャンパスは京成電鉄「京成成田駅」よりスクールバスで20分とやや距離はありますが、飼育されている動物の種類は関東随一と言ってもよく、動物系の専門学校に通うならば絶対に候補に入れておきたい学校と言えます。

富里キャンパスの敷地面積は25,000平米と非常に広く、東京動物専門学校に入学した学生は1年生からこの敷地内で暮らす動物たちに触れ合うことができます。

キャンパス内には実習室の他にサル舎や爬虫類舎、水棲動物舎といったように細かく区分がされており、犬猫の他に珍しい動物の飼育をそのまま体験できるようになっています。

2年生以降は専門分野が分かれるようにコース選択がされるので、より具体的に自分の進路に合わせた動物たちと触れ合っていくことができます。

オープンキャンパスも頻繁に開催されているので、現在高校生で進学先を探しているということなら一度は参加してみることをおすすめします。
地方の人も資料請求など詳しい情報を入学前に提供してもらうことができます。

学校で選択できるコースは「動物管理科」のみとなっているので、入学前から動物飼育に関わる仕事をしたいという強い気持ちがある人にこそ向いている専門学校と言えるかもしれません。

Posted in スクール

10月 23rd, 2015 by SLbec7uK

日本初の動物看護学部

医者人間と関わりが深い動物が病気や怪我をした場合には、獣医が適切な診断を行い処置します。
医師一人だけでは対応できない場合が多いため、サポート役として活躍するのが動物看護師です。
動物に対しても人間と同じように専門的なスキルを習得した動物看護師が看護を担当するのが望ましいとされています。
動物看護に関する専門的なスキル習得を目指すのが動物看護学です。
また、動物と人間が共生するために必要なスキルの取得を目指すのが動物人間関係学です。
どちらも将来はペットシッターとして活躍したいと考えている方にとって相応しいスキルといえます。
この2つの専攻コースを用意しているのが、ヤマザキ学園大学です。

動物関連の歴史を歩んだ学校

ヤマザキ学園大学の創始者である山﨑良寿氏は、世界で初めて犬のスペシャリストを養成するための施設を創立しました。
この時に日本動物衛生看護師協会を設立しており、2006年にはNPO法人として認証されています。
また、日本動物看護学院専攻科を新設したり、3年制の動物看護短期大学を開学させています。
2016年度からは新たに動物看護学と動物人間関係学の専攻コースが誕生し、専門性の高いスキル習得を目指します。
新しい専攻コースでは4年間かけて専門的な学習を行います。
3年次から選択するコースは動物応用、動物看護、動物介在福祉の3種類あります。

それぞれの専攻コースでは、専門性の高いスキルを習得するために授業に参加してくれるモデル犬が存在しています。
モデル犬として登録されているのは3500頭を超えており、一般家庭から提供されている犬が多いそうです。
最新設備の中で、高度な実習授業を受けることによって専門性の高いスキル習得を目指すことが可能です。
実際に動物病院で研修を行うなど貴重な体験が実現することも大きな力になるでしょう。

独自の制度

ヤマザキ学園では実習を行う際にはモデル犬から協力を得ています。
厳密に言えば、キャンパスの近隣などで暮らしている飼い主さんにお願いをして必要な時に預けてもらう仕組みになっています。
一般家庭の飼い主さんにとってはかけがえのない友達であることは変わりないため、大切に預からせてもらいましょう。

また、優秀な人材を育成する方法として独自に行われているのが特待生制度や奨学金制度です。
特待生になると入学する際に必要な学費のうち30万円が減免されます。
奨学金については成績が優秀な人に対して年間30万円が支給されます。
ちなみにこの奨学金は返還不要なので、学校を卒業後に仕事をしながら返済に追われることもありません。
他にも必要に応じて学費分納や兄弟などの入学支援、母子寡婦福祉資金の貸与などを利用することも可能です。

Posted in スクール

9月 29th, 2015 by SLbec7uK

犬をはじめとした様々な動物が待っている学校

犬や猫をはじめとして様々な動物とのふれあいを体験しながら将来はペットシッターをはじめとした動物に関わる仕事に就きたいと考えている方にとって最適な学習環境を提供しているのは、ちば愛犬動物フラワー学園(以下・ちば愛犬)です。
効率良く学習できる環境を提供しているため、学生生活を思い切りエンジョイできることも大きなメリットになっています。
ちば愛犬では800頭以上もの動物が暮らしており、パートナーとして一緒に生活することができます。

参考:動物 専門学校|ちば愛犬動物フラワー学園

様々な学習施設

ちば愛犬の大きな特長と言えるのが、様々な学習施設が完備されていることです。
快適な学習環境の中で専門的なスキルを習得できるため、将来の夢に向かって集中して学習できるようになっています。
千葉市中央区には2014年に完成したばかりのN-TOWERがあります。
このキャンパスでは同じグループに属している中村学園の各学校に通っている学生が共通して使用できる教室や設備が整っています。
将来目指すべき道が異なる学生同士が交流できる場としても活用できます。
4階にはテラスカフェがあり、200名まで収容できるスペースを確保しています。
様々なメニューが存在していますがいずれも格安な価格で提供されているので、毎日楽しみに活用している学生が多いです。
オープンテラスでは開放的な雰囲気の中でランチを楽しむことも可能です。

JR千葉駅から近い千葉キャンパスでは、最新設備が整えられており様々な実習を行うことが可能です。
グルーミングや動物看護の実習室やイベントホール、パソコン教室などが存在しています。
卒業後の就職情報も提供されており、卒業してからも利用できるようになっています。
千葉キャンパスからスクールバスに乗って45分ほどの距離にあるのが、長柄ドッグヒルズです。
面積はサッカーコート4つ分の広大な敷地で、動物と人間がのびのびとした雰囲気の中でトレーニングができるようになっています。
約400頭もの犬が暮らしている飼育棟やハーブ園、バラ園などもあり自然の中で効率良く学習できます。

京成線の学園前駅から近いあゆみ野ドッグサイトでは、グルーミングや屋内トレーニング実習室などがあります。
爬虫類やミニチュアホース、小動物などが暮らすミニ動物園のような施設になっており、動物好きの方は一日中過ごしていても飽きないほどです。

様々な学科

ちば愛犬では様々な学科やコースが存在しています。
3年制の動物看護、2年制のペットスタイリスト、ドッグトレーナー、アニマルケア、キャットプロ、ホースプロなどのコースがあります。
将来はペットシッターとして活躍したいと考えている方はドッグトレーナーかアニマルケアのコースを選択する場合が多いです。

Posted in スクール

8月 28th, 2015 by SLbec7uK

動物との生活を楽しみながら学べる

教師専門学校のビジョナリーアーツでは、実際に動物との生活を楽しみながら学べる環境が整っています。
将来はペットシッターになりたい方に最適な学習環境が整っているため、学生生活を楽しみながらペットシッターになるために必要なスキルを習得できるメリットがあります。
ビジョナリーアーツのペット学科は2年制で、犬や猫との生活を思い切り楽しむことが可能です。
将来はペットシッターになるために頑張りたいと思っているのに家庭の事情で実際に動物と暮らした経験がないという方も、学校内で暮らしている動物と直接触れ合うことで動物との生活を疑似体験できます。
実際に仕事としてペットシッターになった時を想定しながら学習できるため、実践的な内容を習得できます。

参考:専門学校 ビジョナリーアーツ

ペット学科の特長

ビジョナリーアーツのペット学科では、それぞれ担当犬や猫が付くことになっています。
受け持った動物に対して普段から健康管理をしっかり行い、しつけや日常的なお手入れを行います。
犬舎では100頭以上の犬が生活をしており、毎回何らかのハプニングが発生しているため、慌てずに冷静沈着な対応をしなければいけません。
生徒が担当として受け持った犬のお世話を行うことで、大切な命を預かっているのだという意識を持ちながら自然とスキルを習得することができます。
担当の動物は長期休暇の際に自宅へ連れて帰ってお世話をするホームステイ制度を設けています。
学校での生活以外にも常に動物と過ごす環境にあるため、強い信頼関係を結ぶことができ、将来は動物と関わる仕事を行う際に必要になるプロとしてのスキルを養うことができます。

ペット学科の専攻コースは複数存在しています。
トリマーとしてのスキルを習得できるドッググルーミング、犬の正しいしつけを行うスキルを習得するドッグトレーナー、動物病院で医師のサポートを行う動物看護、動物看護の基礎的なスキル以外にもリハビリなどを行うために必要なスキルを習得する動物理学療法、動物とのふれあいを通じて癒やしを求めるアニマルセラピー、人間とペットが共生する社会作りに役立つペットビジネス、猫に関する専門スキルを総合的に学ぶキャットマスターの専攻があります。
それぞれ専門的なスキルを習得して、将来の自分のために活かすことが可能です。
ペットシッターを目指している方はドッグトレーナーを選ぶ方が多いようです。

実際に学校内の雰囲気を知りたい場合には、オープンキャンパスを活用するのがおすすめです。
ペット学科でも定期的にオープンキャンパスを実施していますが、毎回実施する体験内容が異なります。
例えば子犬の健康チェックやプロから学ぶ犬のシャンプー方法、子犬のトレーニング方法など様々な内容がもりだくさんです。

Posted in スクール