ペットシッターに向いている人

ペットシッターの仕事へ向いている人って?

ペットシッターに向いている人ペットシッターの仕事に興味を持っている人の中には、「自分はペットシッターとしてやっていけるだろうか?」と不安を感じている人も多いかもしれません。
ペットシッターという仕事をしていく上で、どんな性格の人がペットシッターとして適任なのでしょうか。

まず、ペットシッターになるための最低条件としては、「動物が好きだ」ということでしょう。
動物に好かれやすいというのも重要かもしれません。

もちろん動物が好きなだけで仕事が出来るほど、ペットシッターの仕事は簡単なものではありません。
しかし、動物に対する愛情がなくてはやっていくことができな仕事であることも、また事実です。
動物が好きだということはすべての出発点になります。動物が好きだから動物に対して愛情を持って接することができますし、動物が好きだからトイレの世話なども苦痛になりませんし、動物が好きだから動物のことについてもっと勉強したいという気持ちにもなるわけです。

そういった意味では、すべての原点は「動物が好きである」というところにあるのかもしれません。

それに、できればペットの飼育経験のある人のほうが良いでしょう。
ペットシッターを依頼する側の身になって考えてみても、どうせ預けるならば飼育経験のある人に預けたいと思うのが人情だと思います。なぜ、ペット飼育の経験がある方が良いのかといえば、ペットに対する接し方を知っていることや、ペットの様子を見て「体調が悪いのかな?」といったことを感じることができるからです。

たとえば、犬を飼った経験のある人が依頼先でペットの様子を見た時に、ある仕草を見て「こんな仕草は健康な犬だったらしないのに・・・」といったことを感じ取ることができれば、大きな病気になる前に飼い主に知らせたり、獣医に診察をしてもらうなりの対策が取れます。

もし病気を未然に防ぐことが出来れば、今度から安心してペットを預けてくれるようになるでしょう。

動物相手の仕事について

また、ペットシッターという仕事が動物相手だからといって、コミュニケーション能力が必要ないということではありません。たしかにペットシッターは動物を相手にする仕事ですが、お客様はあくまでもペットを飼っている飼い主であり、人間です。どんなに動物の世話が上手でも、どんなに動物の心が分かっても、飼い主さんが仕事を依頼してくれなければペットシッターとしての仕事はできないのです。

ですから、ペットシッターの仕事を得るためにも、飼い主さんに信頼してもらえるようにならなければなりません。
そのためにも、飼い主さんとしっかりとしたコミュニケーションをとって、「このシッターさんなら、我が家の可愛いペットを預けても大丈夫だ」という安心感や信頼感を与えることがとても重要になります。

また、向上心をいつまでも持ち続けることも大切なことです。ペットシッターになることができたら、そこがゴールというわけではありません。一人前のペットシッターになるためにも、人気のあるペットシッターになるためにも、日々の勉強を欠かすことはできません。

ペットの種類によって世話のしかたも異なりますし、飼い主さんによってペットシッターに求めるものは様々です。そういった要望にしっかりと応えるためにも、向上心が必要です。

7月 5th, 2012 by