愛玩動物救命士

愛玩動物救命士とは

資格証愛玩動物救命士とは、一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定している資格の1つです。
端的に書いてしまうと、大切なペットを守るための資格であり、動物関係の仕事に就きたいのなら非常に有用なライセンスだと言って良いでしょう。
ペットへの需要は高まっており、今後は高齢化社会となっていくことから、家族の一員としてペットを愛玩する人は増えるであろうと予測されています。

犬や猫などを初めとして、様々な動物がペットとして飼育されているのですが、家族の一員となったペットに万が一のことがあっては大変です。
そこで、ペットが緊急事態に陥った時に、役立つのが愛玩動物救命士の資格だと言えます。
1つ覚えておきたいことは、愛玩動物救命士の資格はあくまでも民間団体が発行しているライセンスであることですね。
公的な資格ではありませんが、動物関連の仕事に就きたい人には取得しておきたい資格だと言えるでしょう。

ただし、この資格単独で仕事に繋がるのかと言えば、そうではありません。
他の資格と併用することで価値が高まるものだと考えて下さい。
例えば、ペットシッターやトリマーなど動物を預かる仕事をしている人からの需要が高い資格です。
無論のこと、ペットシッターなどに依頼を行う飼い主からしても、万が一のことが起こった時に対応できる資格である愛玩動物救命士を所持している人の方が信頼もしやすいでしょう。
特にペットシッターの場合は、飼い主の方が離れている間に大切なペットの世話をする訳ですから、愛玩動物救命士を所持しているのといないのでは、大きくその信頼も異なってくると言えます。

愛玩動物救命士資格の内容について

ペットの安全と健康に関する基本的な知識を学習することになります。
上でも書いたようにペットシッターとして、トリマーとしてペットを預かる場合、ビジネス業務で活かす場合など効果的ですね。
取得までの流れとしては、愛玩動物救命士養成講座のウェブサイトがありますので、受講の申込みを行います。
原則として、通信教育のみに対応していますので、仕事をしながらでも勉強ができるのが嬉しいポイントですね。
受講申込みを行った後は、期間内に受講料を支払うことで、教材一式が配達されてきますので、1年以内の受講期間にあわせて学習していきます。
1年以内であれば、いつ試験を受けても構いませんので、自分のペースで勉強を行っていくと良いでしょう。

期間内に認定試験の受験にのぞみ、答案用紙と認定証の発行に使用する写真を協会の事務局宛に送付します。
書類の到着御に、試験の採点が行われ、合格していれば認定証が送付されて修了です。
カリキュラムの内容としては、犬や猫の身体について、個体差における特徴、事故などによる怪我をした時、病気にかかった時の対処方などを学ぶことになります。
試験の難易度は、中学校で行われる試験程度とされているので、そこまで難しい資格ではないでしょう。

愛玩動物救命士のライセンスがあるからといって診療行為を行うことはできません。
あくまでも、万が一のことがあった時のために、応急手当などの知識を学ぶ資格になることは覚えておくと良いでしょう。

5月 27th, 2015 by