ペットケアアドバイザー

ペットを飼う人に適切なアドバイスをする仕事

「ペットケアアドバイザー」はここ近年のペットブームによって登場した新しい仕事です。

現在は空前のペットブームと言ってもよいほど非常に多くの家庭でペットを飼育するようになっています。

しかしその半面で十分にペットを飼育する知識もないままに流行に乗って飼育を開始してしまいすぐに手放してしまうという人もいたりします。

残念なことですが全国にある保健所で殺処分されている犬や猫たちのうち、職員が捕獲する野良猫だけでなくそれまで飼っていた人が持ち込んできたりペットショップやブリーダーが廃業をすることで行き場をなくしたという動物がかなりの割合で含まれているのが現状です。

ペットを育てるということは単におもちゃを購入することとは異なり、一つの命の責任を預かることです。

そこでこれからペットを飼いたいと思っている人や、飼い始めてはみたもののうまく飼育ができずに手放そうか迷っているという人に対して適切なアドバイスをしていくためのペット動物のプロが必要になりました。

そのための技術を学び、動物を扱うショップや病院に勤務をするのが「ペットケアアドバイザー」ということになります。

ペットケアアドバイザーになるには

ペットケアアドバイザーになるためには、まずペットについて深い知識を備えなくてはいけません。

獣医の場合学校で習得するのは動物全般の医学的な知識ですが、ペットケアアドバイザーの場合はペットとして飼育される動物限定が対象になります。

ペットショップの店員も現在ペットケアアドバイザーに近い仕事をされていますが、どちからというと販売のための仕事がメインになってしまうので、それぞれのケースにおける飼育環境のアドバイスということになるとちょっと知識的に不足をしてしまうこともあります。

そこで獣医とペットショップ店員のちょうど中間くらいの位置で、ペットに対しての正しい知識を伝えるとともに適切な飼育方法を提案していくという業務を担当していくことになります。

ペットケアアドバイザーになるためには特定の資格を習得しなければならないということはないですが、あらかじめ「愛玩動物飼養管理士」や「JAHA動物看護師」その他の動物に関する民間資格を取得したり、動物系の専門学校で業務方法を学ぶといったことが求められます。

または大きなペットショップや動物病院なら、ペットケアアドバイザーとしての業務を社内検定で備えられるような研修制度を用意していたりします。

ペットケアアドバイザーでは必ず飼い主さんとの対面接客をする必要があるので、接客のためのコミュニケーションや悩みを的確に把握する観察力や提案力が求められてきます。

ペットケアアドバイザーとしての勤務先

ペットケアアドバイザーの主な勤務先としては、ペットショップやペットサロンといった飼い主さんが多く利用するサービスや、動物病院、ペットホテルなどの預かり所、ペットシッター登録企業などが代表的です。

その他にもドッグランやドッグカフェのような場所でも飼い主さんにアドバイスをするためにつくことがあります。

ペットを取り巻くサービス産業は現在まだまだ拡大中なので、これからますます活躍の場所が広がっていくことが予想されます。

ただ今現在ではまだまだ「ペットケアアドバイザー」という専門職の認知度が低いため、動物看護師やショップ店員として兼務をするということが多いでしょう。

6月 26th, 2016 by