畜産技術者

将来の畜産を提案していくための仕事

畜産技術者とは、畜産業のスペシャリストとして現在行われている畜産方法について調査をし、より安全で効率のより畜産業をしていくための方法を研究していく仕事です。

畜産業の中には乳牛、食肉、排卵といった複数の分野があり、さらに牛、ブタ、鶏といった種類があります。

畜産では多くの動物を一つの場所で飼育していくことになるので、農業や林業のように植物を育てていくこととは全く違った知識や技術が必要になってきます。

またあまり多くの施設にはありませんが、国内にはミンクやキツネといったような装飾品に利用するために飼育している家畜のための厩舎がありそうしたところでも繁殖方法が考案されているところです。

畜産技術者は自分の専門分野について詳しい研究を重ね、各地の畜産業家に提案をしていくとともに、新しい畜産の可能性を探していくことになります。

畜産技術者になるには

畜産技術者として仕事をしていくためには特定の資格は必要ありません。

もちろん獣医や動物看護師のような専門資格があるにこしたことはありませんが、資格の取得が絶対条件になっている就職先はそれほど多くないのです。

ただし以前に畜産業もしくは動物学、生態学など関連のある学校を卒業して基礎的な知識があるということは必要となっている場合が多いのでもし目指すなら進路はそうした方面にしておくことがよいでしょう。

主な勤務先となるのは国立や私立の大学での研究機関や民間での研究施設です。

他にも畜産業を行う企業や食品関連業で求人をされることもありますが、そうした民間団体は実務経験を重視する傾向があるので、学校を出たばかりの人がいきなり採用されるということはあまりないでしょう。

4月 24th, 2017 by