騎手

人気の馬に乗るという仕事

騎手は別名「ジョッキー」と言われる競馬レースの競走馬に騎乗する仕事のことです。

競馬の主役はもちろんそれぞれの馬たちですが、どの騎手が乗るかにより勝敗も大きく関係してきますので人気騎手ともなるとかなり社会的知名度も収入も高くなります。

芸能人並みに有名なジョッキーもこれまで数多く登場しておりしばしば芸能人などとの交際報道もされていますが、常勝騎手ともなると年収は数億にもおよぶことがあります。

というのも騎手の年収の決まり方というのは独特のシステムであり、基本となる騎手手当だけでなくレースに勝った場合にその馬のオーナーが受け取る収得賞金のうちの5%が騎手の取り分となることとなっているからです。

全国的なトップクラスのレースともなると優勝賞金は数十億にもなるので、5%といえども1レースだけで数十万~数百万円になることも珍しくありません。

もっともそうした高収入を得ることができる騎手というのは全体から見るとわずか一握りであり、まずは地方の小さなレースに出してもらえるように腕を磨いて実績を作り勝利を積み重ねつつ有名な馬のオーナーさんに気に入ってもらえるようにしていかないといけません。

競馬レースは確実な予想をすることができる人がいないように、乗っている騎手にとってもかなり運の要素が高くなる競技なのである意味では努力だけでは成功することができない難しい仕事ということと言えます。

騎手になるためには

騎手になるためにはまずは競馬会に所属しなければいけません。

日本国内で行われる競馬レースを実質的に管理しているのが日本中央競馬会(JRA)です。

JRAは茨城県三浦と滋賀県栗東の二箇所にトレーニングセンターを持っていますので、そのいずれかに入り騎手としてのトレーニングをしていくことになります。

騎手としてレースに出ることができるのは18歳~61歳までと意外に長く、本人の体力や技能があれば定年まで続けていくことができます。

地方にも競馬会があり独自に地方競馬養成センターが設置されており、中央競馬会でも独自に競馬学校を運営しています。

騎手になるための最短ルートは中学卒業後に各競馬会の運営する養成センターに入りそこで最低3年間の課程を経て卒業後に騎手免許試験を受けます。

騎手免許があれば各競馬会のレースに出る馬に乗ることができますので、そこから乗せてもらえる馬を探していきます。

なお騎手には体型に厳しい制限があり、中央競馬会の主催する競馬学校の入学要件として年齢は15歳~20歳未満、体重は15歳時で44kg以下、16歳時では45kg以下、17~20歳時なら46kg以下となっています。

活躍されている騎手たちはみな小柄な人が多いですが、これもこうした制限が関係しているのです。

騎手の主な勤務先

騎手として仕事をしていくためにはまず自分の実力を認めてくれ、大切な馬を任せてくれるオーナーさんを探さないといけません。

競馬レースに出る馬には必ず「馬主」さんがおり、その人達が自分の購入した馬が勝てるよう厩舎を作りそこで専属のスタッフに馬の調教やトレーニングをお願いします。

騎手はそうした厩舎に所属して専属として馬に乗ることもありますが、騎手を抱えるのではなく馬主の方針によりそれぞれ馬の性格にあった騎手さんに直接お願いすることもあります。

各厩舎との契約がとれたからといって実際にレースに出ることができるかということはまた別の問題なので、若手の駆け出しの頃は1レースでも多く乗せてもらえるように多くの厩舎に名前を売りいつでもレースに出れるように準備をしておかないといけません。

実力の世界なので勝ち残っていくためにはよほど強い意志がないといけません。

8月 28th, 2016 by