乗馬指導者

乗馬指導者について

乗馬乗馬と言いますと、あまり一般的ではないかもしれませんが、意外と行っている方は多いそうです。
一般的な人ですと、ほとんど経験がないか、ポニーなどに乗せてもらったことがある程度かもしれませんね。
しかし、大学などの乗馬部や馬に関連する仕事をしたい人にとっては、乗馬は身近なものだと言えるでしょう。
地域的に見れば、やはり牧場が多い北海道などでは、馬は身近な生き物であり、馬を育てているご家庭の方も少なくありません。

乗馬指導者とは、一般市民を安全に乗馬させることを目的とした指導者のための資格になります。
馬に関連する団体が発行するライセンスであり、全国乗馬倶楽部振興協会が発行する、乗馬指導者資格認定が有名です。
乗馬指導者を養成する講習会なども開催しており、資格認定試験も実施しています。
資格を取得した人を対象として、乗馬技術や馬の調教技術の巡回指導なども行っており、乗馬指導者による競技会なども開催されているので、レベルの高いものだと言えるでしょう。
乗馬指導者にはブリティッシュ部門とウェスタン部門の2つがあり、それぞれに初級、中級、上級と3つの段階で認定されます。

乗馬指導者の受験資格について

上でも書いたように、乗馬指導者の資格は初級、中級、上級と区分があり、それぞれに講習会に参加した後に、試験を受け、合格することで認定証が交付されます。

初級指導者の場合ですと、満20歳以上で3年以上の乗馬経験を有していることが最低条件になります。
騎乗者に初歩となる乗馬技術の指導や乗用馬の飼育と管理、乗馬クラブが企画する各種イベントの運営などができることが受験資格です。

中級指導者になりますと、初級指導者として3年以上職務についていることが最低条件になります。
騎乗者に中程度の技術指導や初級指導者の指導が行えること、それぞれの騎乗者が持っている技術に応じて、イベントにおけるプログラムの企画を立案することができる、厩舎管理などができる、が受験資格です。

上級指導者ですと、中級指導者として3年以上の職務についていることが条件となります。
また、騎乗者に対して高度な技術指導が行えること、中級もしくは、初級指導者の指揮監督が行えること、育成指導や乗用馬の調教ができること、乗馬クラブの運営管理などが行えることなどの条件が必要です。

基本的にレベルがアップすればするほど難易度が高くなり、2010年の時点では上級は113名しか登録されていません。

乗馬について

乗馬と言うと、スポーツとしてのイメージが強いかもしれませんね。
しかし、近年では様々な効果があることが解っており、美容や健康のために乗馬をする人もいらっしゃいます。
高齢者でもできる全身運動であることから、注目が集まっていると言って良いでしょう。
また、馬と触れあうことによって、癒やしの効果を得ることができるとされていたり、子どもの情操教育にも利用されます。
一部の牧場などでは乗馬体験を行うことができますが、乗馬を目的とするのなら乗馬クラブなどに通うのも良いでしょう。
ペットによる癒やしの効果はとても注目されており、アニマルセラピーの一環としても行われることがあります。

ペットシッターなどのペットに関する仕事に対する需要が高まっており、近年ではペットを飼う家も増えているそうです。
基本的には飼い主が世話を行うものですが、ペットシッターなどを利用することで、世話をする負担を減らすことができることから、需要が高まっていると言えるでしょう。
ペットシッターを頼む余裕がないと言うことで、自分では飼育できない場合は乗馬クラブなどを利用して、休日のみに動物と触れあう人も少なくありません。

11月 22nd, 2014 by