ブリーディング技能師

動物の繁殖学を習得する資格

ブリーディングペットブームによりブリーダーになることを目指す方が増えましたが、正しい知識を持たずにブリーダーになってしまったため悲しい事件に発展する事例も少なくありません。
無造作で劣悪な環境の中で飼育されている動物の臭いや鳴き声などが周囲の環境を悪化しているからどうにかして欲しいと、地域住民との間でトラブルに発展する事例も頻発しています。
十分な知識を持たないままブリーダーになるのは本当に無責任なことだと認識しなければいけません。
お金儲けのことしか頭にない人にとっては、動物の幸せなんて二の次だと考えているかもしれませんが、そのような環境の中で育った動物は果たして順調に売れるとは思えません。
結局は失敗し、身を滅ぼす結果にもなり兼ねないのです。

本当にブリーダーとして成功したいと考えているのであれば、浅はかな考えで始めては絶対にいけません。
動物の命を扱う仕事であることを十分理解し、幸せな環境の中で繁殖できるように準備を整えてあげることが大切なのです。
具体的なスキルに関しては、しっかりと学んでおくことが大切です。

ブリーダーとしての正しいスキルを持っていることを証明する資格があれば、取引先との間にも信頼関係が生まれてブリーダーとしても成功できる可能性が高いです。
動物たちに愛情を注ぎながら、自分が血統を守り続けるという意気込みで仕事に従事することが、本当の意味で素晴らしいブリーダーだと言えます。
良いブリーダーの証として第三者に認識してもらうために有効なのが、ブリーディング技能師という資格です。
現在は認定制度がなくなったため取得することはできませんが、以前に取得していた方はブリーダーとしての専門的なスキルを有していると胸を張って主張できる資格です。

参考:ブリーディング技能士の資格と仕事内容

他にもたくさんあるブリーダー関連の資格

実は、ブリーダーになるためには特別資格は必要ありません。
あくまでも民間資格で、この資格を持っていなければブリーダーとして活躍できないわけではないのです。
しかしブリーダーと取引しているペットショップのオーナーなどは無資格者のブリーダーが育てた動物と、有資格者のブリーダーが育てた動物のどちらを優先的に仕入れると思いますか?
資格があった方が有利になるのは間違いないでしょう。
そこで、ブリーダーに関連する資格を積極的に取得することが大切です。
ペット繁殖指導員、ドッグブリーダー、愛犬飼育管理士などがブリーディング技能師に匹敵する資格だと考えられます。
これらの中で最も取得しやすい資格から優先的に勉強するか、いくつかのブリーダー関連の資格取得を目指して猛勉強をするなどして、自分がブリーダーとして高いスキルを持っていることを証明しましょう。

4月 29th, 2016 by