動物介在福祉士

動物介在福祉士について

高齢化動物介在福祉士とは、動物を介して人々の心を癒やすことを目的とした資格であり、これからの福祉を支えるべき存在だと言えます。
近年、アニマルセラピーと呼ばれるセラピーへの需要が高まっており、実際に高い効果を得られることで有名です。
動物と触れあうことによって、心に受けた傷を癒やすことができたりすること、ストレスを軽減させること、など多くの影響を与えることであり、精神的な負担の大きい現代社会では大きな注目を集めています。

愛らしい動物は見ているだけでも心が癒やされ、さらに犬や猫などの一般的なペットと触れあうことで生きる活力がわいてくることもあるでしょう。
病人の生活の質を向上させるQOLを大切にする医療機関なども増えてきており、実際にアニマルセラピーを導入しているところも少なくありません。
あらゆる人が動物と触れあうことで心豊かな生活を送ることができるようにすることが、動物介在福祉士の大きな目的となります。

動物介在福祉士の仕事を行うためには、セラピーを受ける対象となる人についての知識、セラピーを行う時にパートナーとなる動物に関する知識と技術が必要となる仕事ですね。
基本的に動物介在福祉士は民間のライセンスとなるので、公的なライセンスではありませんが、今後は非常に需要が高まると考えられています。
心身に障害を持っている人、子ども、一般の人々、高齢者、などなど活動の対象となる幅が広いこともあって、非常に活躍する場所が多いと言えるでしょう。

日本はこれからかつてなかったほどの高齢化社会を迎えます。
この時、ペットを飼いたくても飼えない状況になる人も多く、動物介在福祉士の仕事は増えていくと考えられます。
一般的には介護や福祉を行っている施設などで役立つ資格ですが、他にも犬の訓練所やペット美容サロン、ペットショップ、ペットシッターなどの仕事であっても役立つライセンスでしょう。

基本的には、介護や福祉などの現場で役立つものですが、ペットシッターなど動物と触れあうことの多い仕事にも役立つ資格ですね。
また、反対のことを言えば、動物に対しての深い知識が必要であることから、
ペットシッターなどで自分自身の経験を積むこともできると言って良いでしょう。

資格の取得について

動物介在福祉士の資格を取得するには、基本的に動物介在福祉士のライセンスを発行している機関によって異なってきますが、一般的には学習を行って学科試験を受け、それと同時に実技試験を受けて合格基準に達することが必要です。
これが一次審査になり、教育実習を受けることで二次審査が行われます。
そして、最終的な合否の判定が行われますので、1度試験を受けて合格できる簡単な資格ではありません。
学習要項としては、初級取得、中級取得、上級取得、と3つの段階があり、それぞれの段階で必要なことを学んでいきます。
また、それぞれの等級によって学習期間が定められており、随時試験に合格しなければ、次の段階へと進むことができません。
動物介在福祉士の場合は、ライセンス発行機関が指定する学校で1年間の学科と実技を修了してから、試験を受けていき、1つずつステップアップしていくことになります。

7月 21st, 2014 by