動物看護技能師

動物のお世話をする仕事に役立つ

動物病院で診察の補助を行う仕事や、ペットショップやペットシッターなどの動物を扱う仕事を行う場合には専門的なスキルを取得していると有利になると言われています。
実際に勤務する際に必ず資格を取得しておかなければ就職できないものではありませんが、就職をしてから仕事を覚えていくよりも、即戦力としてすぐにでも仕事を開始して欲しいと思われているため、圧倒的に有資格者が有利になるのは間違いないでしょう。
動物を扱う職場で即戦力として仕事に従事できるスキルを持っていると認定される資格は複数ありますが、動物看護技能師については主に動物病院で重宝される資格です。
動物看護学やペット社会学などをしっかり学んでいなければ取得できない資格なので、資格を取得済の方は動物病院で看護業務を担当する場合には必要なスキルを身につけていると認識されます。
ただし、この資格は現在取得できない資格になっています。
認定していた団体で取り扱わなくなったのと、試験を実施していた会社が倒産したことが原因です。
既に受験できない幻の資格になったからといって、決して資格が無駄になったわけではありません。
元々動物看護に関する資格は民間資格で、認定する団体も複数存在していたことから、動物病院で仕事をする際には十分通用する資格になっています。

動物看護師資格の今後

元々動物看護師の民間資格はいくつかの団体が主催、認定をしていたことから資格の権威が薄いと指摘されていました。
実際に動物看護師として勤務している方は、非常に大変な仕事をしているのにも関わらず資格の権威が薄いことから問題視されていました。
そこで、動物看護師という資格に権威を持たせる目的で、いくつかの団体が主催していた資格を一本化することになって誕生したのが動物看護師統一認定試験です。
現在は移行期間も過ぎたことで、本格的な資格の一本化が完了しつつあります。
今後、動物看護師を目指す方は所定の課程を習得するために必要なカリキュラムを設定している学校で学ぶことが受験資格を得る条件になります。

しかし、これでも一本化されたのは一部の団体に過ぎません。
他の団体が認定している資格については今までと変わらずに合格基準に達していれば認定されることになっています。
例えば日本ペット技能検定協会の小動物看護士は、所定のカリキュラムを修了すると受験資格を得られます。
日本能力開発推進協会ではペット看護士とセラピストの資格があり、合わせて通信講座を受講してカリキュラムを修了すると、自宅で試験を受けることも可能です。
このように動物の看護業務を担う資格は完全に一本化されたわけではないのです。

3月 26th, 2016 by