動物飼育員

動物園やサファリパークで動物の世話をする動物飼育員

動物飼育員とは、数多くの動物が飼育されている施設の中でそれぞれの環境に合わせた世話をしていくための仕事です。

動物園やサファリパークでは、日本とは全く異なる環境の土地から輸入されてきた珍しい動物が数多く飼育されているため、それぞれの生態に合わせた餌の準備や温度管理をしていく必要があります。

動物飼育員はそれぞれの動物の生態について詳しく学習し、ストレスがないように生活環境を整えながら同時にショーや餌付けなどのしつけを行っていきます。

毎日の仕事の内容としては、給餌や動物舎の清掃、健康管理のチェックといったことが挙げられます。
動物園の職員の場合には餌付けの時間になると自らマイクを持って生態をギャラリーに説明したり、直接餌付けをしたいという人の指導や安全管理をしたりします。

大きな施設では専属の動物を担当することもありますが、ほとんどの施設では複数の動物を並行して世話をしていきます。

動物についての詳しい知識があることはもちろん大前提ですが、それとともに動物を愛して大切に扱う気持ちがないと仕事をしていくことは難しいでしょう。

特殊な資格は必要ないものの就職は難しいです

動物飼育員として就職をするときに、特に何らかの資格が求められることはありません。
農学部の畜産関連学科を卒業した人が若干就職に有利になるということはありますが、基本的にはその学歴や資格のみで採用をされやすくなるというわけではありません。

就職に有利に働くのは獣医師資格など特殊なものに限定されるので、資格よりもむしろ求人を探す方に力を注いだ方が賢明です。

現在動物園などの動物関連施設は年々縮小傾向にあります。
これは動物園という施設が維持管理にコストがかかる一方で、入園者の急増が難しい施設であることが関係しており少子化の影響もあって入場料による収入確保が難しくなっています。

地方の小さな動物園やサファリパークが続々と廃業となっていることから、求人を探すこと自体がかなり難しいという現状は知っておくべきことでしょう。

そのため動物飼育員として勤務をするためには、細かく求人情報をチェックし欠員が出た時に素早く申し込みをするということが必要になります。

新しく動物園ができたり大幅リニューアルをするというときに大量に求人が出るということもありますが、現在そうした可能性はかなり低くなっています。

もし就職をしたいという現在によい求人がない場合には、学芸員や潜水士など就職後に役に立つ資格をコツコツ勉強しておくと実際の勤務となったときに便利です。

給与面では決して恵まれた職種ではないですが、熱意を持って勤務をしている人が多い職場であるということは確実に言えます。

11月 18th, 2017 by