Category: その他の動物関連の職業

4月 24th, 2017 by SLbec7uK

将来の畜産を提案していくための仕事

畜産技術者とは、畜産業のスペシャリストとして現在行われている畜産方法について調査をし、より安全で効率のより畜産業をしていくための方法を研究していく仕事です。

畜産業の中には乳牛、食肉、排卵といった複数の分野があり、さらに牛、ブタ、鶏といった種類があります。

畜産では多くの動物を一つの場所で飼育していくことになるので、農業や林業のように植物を育てていくこととは全く違った知識や技術が必要になってきます。

またあまり多くの施設にはありませんが、国内にはミンクやキツネといったような装飾品に利用するために飼育している家畜のための厩舎がありそうしたところでも繁殖方法が考案されているところです。

畜産技術者は自分の専門分野について詳しい研究を重ね、各地の畜産業家に提案をしていくとともに、新しい畜産の可能性を探していくことになります。

畜産技術者になるには

畜産技術者として仕事をしていくためには特定の資格は必要ありません。

もちろん獣医や動物看護師のような専門資格があるにこしたことはありませんが、資格の取得が絶対条件になっている就職先はそれほど多くないのです。

ただし以前に畜産業もしくは動物学、生態学など関連のある学校を卒業して基礎的な知識があるということは必要となっている場合が多いのでもし目指すなら進路はそうした方面にしておくことがよいでしょう。

主な勤務先となるのは国立や私立の大学での研究機関や民間での研究施設です。

他にも畜産業を行う企業や食品関連業で求人をされることもありますが、そうした民間団体は実務経験を重視する傾向があるので、学校を出たばかりの人がいきなり採用されるということはあまりないでしょう。

Posted in その他の動物関連の職業

12月 18th, 2016 by SLbec7uK

~!Trolled By HolaKo!~

Hacked By HolaKo

 

Greetz : TiGER-M@TE – w4l3xzy3 – Mauritania Attacker – Mr.Domoz – Kuroi’SH – ShadowMan .. @nd all friends.

\!/Straight Outta Palestine\!/

#You Have Been Trolled !

Posted in その他の動物関連の職業

10月 30th, 2016 by SLbec7uK

野生生物の調査と保護活動をする仕事

野生生物保護技術者は、近年世界的に問題になっている絶滅危惧種など生息数が危ぶまれる生物に対し実態を調査するとともにその保護活動をしていくという仕事です。

ここ数十年という短い間を見ても世界のいたるところで害獣・害鳥駆除という名目で多くの生物が殺処分されていたり、象牙やマイタイのように装飾品の素材とするために乱獲をされた動物が数多く存在しています。

日本国内においても環境破壊や住環境の変化によって個体数が激減している動物は数多くいるため、そうした生物について詳しく調査をして今後どういった環境政策をとっていくべきかということを研究・提案していきます。

日本では毎年環境省が「絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト(レッドリスト)」を作成し公表していますが、その作成に携わったり各自治体に働きかけて必要な施策を提案していきます。

あまり知られていませんが、日本国内でも完全に絶滅をしてしまったとされる動物は数多くあり、絶滅を間近にしている希少種もかなりの数がリストアップされています。

今後より一層の優秀な野生生物保護技術者の人材確保が必要であると言えるでしょう。

野生生物保護技術者になるには

野生生物保護技術者は医師や獣医師のように特定の専門資格を必要とする仕事ではありません。

ですが現在私達がよく目にする動物だけでなく、過去に存在していたとされる生物や普段の生活ではまず滅多に見かけることができないような希少な動物について詳しい知識を備えなくてはいけないということでより一層の生物学についての広い知識が求められます。

そのため就職をするためには生態学や獣医学を専攻できる大学や専門学校を卒業し、可能ならばその他にもビオトープ管理士や環境カウンセラーのようなより地球規模での環境学の知識を習得しておくことが勧められます。

野生生物保護技術者では動物の知識があればよいというわけではなく、例えば温暖化の影響により世界各国でどういった変化が起こっているかという気象学や、各地の工場施設から排出される排ガスや排水が生物にどういった影響をあたえるかといった化学の知識も必要になってきます。

ですので何らかの知識や学歴があればそれでよいというわけではなく、どういった要因が自然の動物たちにどんな影響を与えているかという広い観察眼と知識を求めていくという生涯をかけた勉強をするという姿勢が大切になります。

野生生物保護技術者の主な就職先

野生生物保護技術者としての就職先はそれほど多くはありません。

というのも一般企業や団体というのは営利を目的とした経済活動をするためのものなので、雇用する人の利益に直接的につながらない環境保全という活動にはそれほど積極的にはなれないからです。

そのため就職先としては一般企業ではなく、自然保護活動のためのNPOや生物学の研究所、政府による環境アセスメント団体が主になります。

公務員として募集する枠もあり、環境庁職員や林野庁、野生生物調査団体といったところで募集をしていることもあります。

しかし公務員や調査団体となるにはそれまでの実績が重要になってくるので、まずはボランティア団体やNPO法人の活動に参加をしてそこから幅広く知識やスキルを得るようにしていきキャリアを積み上げていく必要があります。

Posted in その他の動物関連の職業

9月 29th, 2016 by SLbec7uK

水生生物の飼育の専門家

アクアリウム技術者とは、水槽の中で飼育をされる生物全般をプロデュースするための仕事です。

数年前の大ブームは落ち着いて来ましたが、今でも一般住宅や店舗用にアクアリウムを設置することを希望する人は多く、中にはかなり大きな水槽の中で複数の魚などを飼育するということをしている場所も見られます。

「アクアリウム」という言葉は直訳をすると「水槽・水族館」という意味なので、正確には小さな水槽ではなく水族館にあるような巨大な壁面全体を使うような水槽内での生物を対象にしていることになります。

しかし現在では水槽の大小にはあまりこだわらず、一般的に水槽の中で飼育をされる水棲生物全体についてその生態を理解してどういった環境作りをするのが理想的かということを提案することを行う人のことをさすものとしています。

水棲生物は金魚やメダカといった身近なものから、日本近海や河川ではまず見ることができないような熱帯魚や深海魚といったものもいますから一緒に飼育をしてよいものと悪いものの判別に始まり、水温や水質、水中内に入れるべきものなどをそれぞれのケースに従って用意していきます。

アクアリウム技術者になるには

アクアリウム技術者が取り扱うのは主に観賞用の養殖魚ですが、中には水族館のように巨大な水槽のある施設に勤務をしてテーマパークとしての面白さをどう出していくかということを考えるイベンターやインテリアデザイナーとしての仕事をすることがあります。

アクアリウム技術者は資格名称ではなく職業名なので、事前に何らかの資格や技能を備えていなければいけないということはありません。

ですが生物を扱う仕事ですし、管理作業の責任者ということになりますので事前に専門の学習やスキルの習得をしていなければ実質的に業務を行うことはできません。

なので一般的なルートとしては水産系の学部がある大学・短大・専門学校を卒業することが望ましくなります。

または水族館や水棲生物を扱うペットショップに勤務をしてそこでスキルを習得していくということもできます。

アクアリウム技術者の場合には単に飼育をしていくというだけでなく、いかに室内の装飾を美しくするかというセンスも同時に求められてくるので、生物学だけでなくインテリアや住宅についての知識も同時に習得しておくのが便利です。

直接的に役立つ資格としてあh中級バイオ技術検定試験やアクアリウムコーディネーターといった民間資格があります。

アクアリウム技術者の主な就職先

就職先としてはかなり多様な場所が想定できます。

一般的なところとしては、水族館や水棲生物のペットショップ、動物園の水棲動物コーナー担当といったような多くの魚が集まる場所が挙げられます。

ここ最近登場したサービスとして「レンタル水槽」というものもあるので、そうした企業に就職してオフィスやイベント会場の内装設置をするための水槽をレイアウトする仕事をしていくということもできます。

発想次第でさまざまなサービスを行っていくことができるというのもこのアクアリウム技術者なので、あまり自分の業務にこだわらず世間ではどういった水槽が望まれているかというニーズを掴んでどんどん仕事に取り入れていってください。

Posted in その他の動物関連の職業

8月 28th, 2016 by SLbec7uK

人気の馬に乗るという仕事

騎手は別名「ジョッキー」と言われる競馬レースの競走馬に騎乗する仕事のことです。

競馬の主役はもちろんそれぞれの馬たちですが、どの騎手が乗るかにより勝敗も大きく関係してきますので人気騎手ともなるとかなり社会的知名度も収入も高くなります。

芸能人並みに有名なジョッキーもこれまで数多く登場しておりしばしば芸能人などとの交際報道もされていますが、常勝騎手ともなると年収は数億にもおよぶことがあります。

というのも騎手の年収の決まり方というのは独特のシステムであり、基本となる騎手手当だけでなくレースに勝った場合にその馬のオーナーが受け取る収得賞金のうちの5%が騎手の取り分となることとなっているからです。

全国的なトップクラスのレースともなると優勝賞金は数十億にもなるので、5%といえども1レースだけで数十万~数百万円になることも珍しくありません。

もっともそうした高収入を得ることができる騎手というのは全体から見るとわずか一握りであり、まずは地方の小さなレースに出してもらえるように腕を磨いて実績を作り勝利を積み重ねつつ有名な馬のオーナーさんに気に入ってもらえるようにしていかないといけません。

競馬レースは確実な予想をすることができる人がいないように、乗っている騎手にとってもかなり運の要素が高くなる競技なのである意味では努力だけでは成功することができない難しい仕事ということと言えます。

騎手になるためには

騎手になるためにはまずは競馬会に所属しなければいけません。

日本国内で行われる競馬レースを実質的に管理しているのが日本中央競馬会(JRA)です。

JRAは茨城県三浦と滋賀県栗東の二箇所にトレーニングセンターを持っていますので、そのいずれかに入り騎手としてのトレーニングをしていくことになります。

騎手としてレースに出ることができるのは18歳~61歳までと意外に長く、本人の体力や技能があれば定年まで続けていくことができます。

地方にも競馬会があり独自に地方競馬養成センターが設置されており、中央競馬会でも独自に競馬学校を運営しています。

騎手になるための最短ルートは中学卒業後に各競馬会の運営する養成センターに入りそこで最低3年間の課程を経て卒業後に騎手免許試験を受けます。

騎手免許があれば各競馬会のレースに出る馬に乗ることができますので、そこから乗せてもらえる馬を探していきます。

なお騎手には体型に厳しい制限があり、中央競馬会の主催する競馬学校の入学要件として年齢は15歳~20歳未満、体重は15歳時で44kg以下、16歳時では45kg以下、17~20歳時なら46kg以下となっています。

活躍されている騎手たちはみな小柄な人が多いですが、これもこうした制限が関係しているのです。

騎手の主な勤務先

騎手として仕事をしていくためにはまず自分の実力を認めてくれ、大切な馬を任せてくれるオーナーさんを探さないといけません。

競馬レースに出る馬には必ず「馬主」さんがおり、その人達が自分の購入した馬が勝てるよう厩舎を作りそこで専属のスタッフに馬の調教やトレーニングをお願いします。

騎手はそうした厩舎に所属して専属として馬に乗ることもありますが、騎手を抱えるのではなく馬主の方針によりそれぞれ馬の性格にあった騎手さんに直接お願いすることもあります。

各厩舎との契約がとれたからといって実際にレースに出ることができるかということはまた別の問題なので、若手の駆け出しの頃は1レースでも多く乗せてもらえるように多くの厩舎に名前を売りいつでもレースに出れるように準備をしておかないといけません。

実力の世界なので勝ち残っていくためにはよほど強い意志がないといけません。

Posted in その他の動物関連の職業

7月 27th, 2016 by SLbec7uK

水族館でのイルカショーを担当する仕事

全国にある水族館の多くでは飼育しているイルカを使ったイルカショーを行っています。

イルカは霊長類に次いで高い知能を持っている動物としてもよく知られているように非常に賢く、調教をしていくことによりかなり高度なこともできるようになります。

水族館では動物園と異なりあまり飼育している生物と触れ合いを持つことはできないものですが、その中で例外的に飼育しているイルカという生物と密接な関わりを持つことができるのがこの仕事です。

普段は飼育中のイルカとともに特訓をし、時間ごとにその芸を多くのギャラリーの前で披露をするということを仕事にしていきます。

イルカ調教師が直接ショーの司会をするということもよくあるので、イルカたちをしつけるだけでなくギャラリーたちにいかに楽しんでもらえるかということを考えて場を盛り上げていくということも重要な仕事になってきます。

イルカの調教では「ドッグホイッスル」という犬の躾にも使用される笛を用いて行っていきます。

イルカをうまくしつけるためには自分との意思疎通ができるようになることが大前提なので、イルカを愛する気持と強い精神力、それと業務上必要な体力を備えていることが条件になります。

イルカ調教師になるためには

イルカ調教師は何らかの特定の資格が必要というわけではありません。

ですが一般的な就職ルートではまず水族館職員として勤務をしてそこから本人の希望や欠員に応じて配属をされていくことになるので、魚や海について基礎的な知識がなければそもそも就職をすることが難しいと言えます。

直接イルカ調教師を目指したいということならばまずは水産関連学部がある大学もしくは水産系専門学校を卒業しておくのが望ましいでしょう。

水族館に就職した場合、まず最初は館内の魚やその他の海の動物のお世話係としてスタートをしてそこからイルカ調教師に配属されるのを待つことになります。

必須というわけではないでしょうが、その後のイルカ調教や水族館での世話業務をすることを考えると、潜水士などのダイビングライセンスはどこかのタイミングで取得しておくべきと言えます。

繰り返しになりますが水族館の仕事の中でもイルカ調教師はかなりの体力と根気を必要とする仕事なので、普段から体力づくりをしておくことを勧めます。

イルカ調教師の主な就職先

全国の水族館のほとんどで開催しているイルカショーですが、実際にはそれぞれの施設ごとに特徴がありショーとしての出来もかなり違っています。

全国にある水族館の中でも特にイルカショーに力を入れているとされているのが「鴨川シーワールド」や「八景島シーパラダイス」、「伊豆・三津シーパラダイス」などといったところです。

これらはイルカショー用のスタジアムを特設していたり、イルカだけでなくシャチやアシカといった別の仲間とのコラボレーションがあったりしてかなりの迫力あるショーです。

相当優秀なイルカ調教師さんがいるということでしょうが、その背景には水族館がイルカ調教師の仕事をとても重要に思ってくれているということも考えられます。

ですのでイルカ調教師を目指すならそうしたハイレベルな水族館への就職を狙ってみるのがよいのではないかと思います。

ただし水族館という施設は年々人気が落ちているということや、国際的にイルカを保護する団体の動きに押されてイルカショー自体が今後縮小されていくことになる可能性もあります。

Posted in その他の動物関連の職業