手に職をつけよう

当サイトについて

当サイトではペットシッターになるための情報を掲載しているサイトです。
ペットシッターへのなり方だけではなく、様々な情報を掲載していますので、ペットシッターの方も、これから目指そうという方にもお役立て頂ける情報が満載です。
他にも、トリマーや獣医師ではそれぞれの職業についての情報を紹介しています。
トレーナーやブリーダーについての情報なども掲載していますので、ペットに関する仕事について総合的に見ることが可能です。

近年、ペット産業への需要は高まっており、家族の一員としての動物を飼う人、癒やしを求めて動物を飼育する人、などなど多くのケースが考えられます。
ペットに関する仕事を選ぶことは、手に職をつけることであり、社会的な状況を考えても、手に職をつけておいて損はありません。
ペットに関する仕事をしたい人には特にお勧めだと言えるでしょう。
動物との仕事をすることは、決して良い面だけではなく辛いこともありますが、仕事として動物たちと触れあうことは、動物好きの人にとっては魅力的なのではないでしょうか。

ペットシッターについて

どんな仕事なのかと言いますと、端的に書いてしまうと赤ちゃんの世話を親御さんに変わって行うベビーシッターという職業がありますが、そのベビーシッターの動物版であると考えて良いですね。
飼い主としても、本来なら自分で世話をしたいと考えているでしょうが、病気や怪我などをすることで、どうしても自分では大切なペットの世話ができないこともあります。
そうした時に、飼い主に代わって家族の一員であるペットの世話を行うのがペットシッターですね。

一般的に飼い主が旅行へ行く時などには、ペットホテルが使われることになります。
ペットホテルとは、ペットのためのホテルであり、食事などのお世話をしてくれる場所ですね。
短期間であるのなら、ペットホテルを使う人も多いですが、病気や怪我などで長期間にわたって飼い主が不在になる可能性が高くなることから、シッターが選ばれます。
また、ペットは非常にデリケートな存在でもあり、うちのペットは食事をこれでないと受け付けない、などのこともあるでしょう。
また、飼い主と長期的に離れることになる不安や、環境が変わることでのストレスなど様々な問題も起こりがちです。
そうした場合、柔軟な対応をすることが可能なシッターがいれば、ペットに対してもきちんと対応することができます。

しかし、一方で飼い主が不在の中で、ペットの世話をしてもらう訳ですから、家の中に入られることにもなるので、利用を躊躇ってしまう人がいるのも事実ですので、基本的には仕事を依頼することになる飼い主の人との信頼関係で成り立つ仕事だと言っても良いでしょう。
つまり、シッターの仕事を行う時には、信用が第一であり、それは飼い主の人に対しても、世話をすることになるペットについても同じことが言えます。

先ほども書きましたが、ペット業界への需要は高まっており、飼育されるペットに関しても幅広い動物があります。
そのため、シッターになるのであれば、犬や猫などの一般的な動物だけではなく、色々な動物への知識が必要だと言えるでしょう。

6月 20th, 2014 by adminz