Category: スクール

9月 29th, 2015 by SLbec7uK

犬をはじめとした様々な動物が待っている学校

犬や猫をはじめとして様々な動物とのふれあいを体験しながら将来はペットシッターをはじめとした動物に関わる仕事に就きたいと考えている方にとって最適な学習環境を提供しているのは、ちば愛犬動物フラワー学園(以下・ちば愛犬)です。
効率良く学習できる環境を提供しているため、学生生活を思い切りエンジョイできることも大きなメリットになっています。
ちば愛犬では800頭以上もの動物が暮らしており、パートナーとして一緒に生活することができます。

参考:動物 専門学校|ちば愛犬動物フラワー学園

様々な学習施設

ちば愛犬の大きな特長と言えるのが、様々な学習施設が完備されていることです。
快適な学習環境の中で専門的なスキルを習得できるため、将来の夢に向かって集中して学習できるようになっています。
千葉市中央区には2014年に完成したばかりのN-TOWERがあります。
このキャンパスでは同じグループに属している中村学園の各学校に通っている学生が共通して使用できる教室や設備が整っています。
将来目指すべき道が異なる学生同士が交流できる場としても活用できます。
4階にはテラスカフェがあり、200名まで収容できるスペースを確保しています。
様々なメニューが存在していますがいずれも格安な価格で提供されているので、毎日楽しみに活用している学生が多いです。
オープンテラスでは開放的な雰囲気の中でランチを楽しむことも可能です。

JR千葉駅から近い千葉キャンパスでは、最新設備が整えられており様々な実習を行うことが可能です。
グルーミングや動物看護の実習室やイベントホール、パソコン教室などが存在しています。
卒業後の就職情報も提供されており、卒業してからも利用できるようになっています。
千葉キャンパスからスクールバスに乗って45分ほどの距離にあるのが、長柄ドッグヒルズです。
面積はサッカーコート4つ分の広大な敷地で、動物と人間がのびのびとした雰囲気の中でトレーニングができるようになっています。
約400頭もの犬が暮らしている飼育棟やハーブ園、バラ園などもあり自然の中で効率良く学習できます。

京成線の学園前駅から近いあゆみ野ドッグサイトでは、グルーミングや屋内トレーニング実習室などがあります。
爬虫類やミニチュアホース、小動物などが暮らすミニ動物園のような施設になっており、動物好きの方は一日中過ごしていても飽きないほどです。

様々な学科

ちば愛犬では様々な学科やコースが存在しています。
3年制の動物看護、2年制のペットスタイリスト、ドッグトレーナー、アニマルケア、キャットプロ、ホースプロなどのコースがあります。
将来はペットシッターとして活躍したいと考えている方はドッグトレーナーかアニマルケアのコースを選択する場合が多いです。

Posted in スクール

8月 28th, 2015 by SLbec7uK

動物との生活を楽しみながら学べる

教師専門学校のビジョナリーアーツでは、実際に動物との生活を楽しみながら学べる環境が整っています。
将来はペットシッターになりたい方に最適な学習環境が整っているため、学生生活を楽しみながらペットシッターになるために必要なスキルを習得できるメリットがあります。
ビジョナリーアーツのペット学科は2年制で、犬や猫との生活を思い切り楽しむことが可能です。
将来はペットシッターになるために頑張りたいと思っているのに家庭の事情で実際に動物と暮らした経験がないという方も、学校内で暮らしている動物と直接触れ合うことで動物との生活を疑似体験できます。
実際に仕事としてペットシッターになった時を想定しながら学習できるため、実践的な内容を習得できます。

参考:専門学校 ビジョナリーアーツ

ペット学科の特長

ビジョナリーアーツのペット学科では、それぞれ担当犬や猫が付くことになっています。
受け持った動物に対して普段から健康管理をしっかり行い、しつけや日常的なお手入れを行います。
犬舎では100頭以上の犬が生活をしており、毎回何らかのハプニングが発生しているため、慌てずに冷静沈着な対応をしなければいけません。
生徒が担当として受け持った犬のお世話を行うことで、大切な命を預かっているのだという意識を持ちながら自然とスキルを習得することができます。
担当の動物は長期休暇の際に自宅へ連れて帰ってお世話をするホームステイ制度を設けています。
学校での生活以外にも常に動物と過ごす環境にあるため、強い信頼関係を結ぶことができ、将来は動物と関わる仕事を行う際に必要になるプロとしてのスキルを養うことができます。

ペット学科の専攻コースは複数存在しています。
トリマーとしてのスキルを習得できるドッググルーミング、犬の正しいしつけを行うスキルを習得するドッグトレーナー、動物病院で医師のサポートを行う動物看護、動物看護の基礎的なスキル以外にもリハビリなどを行うために必要なスキルを習得する動物理学療法、動物とのふれあいを通じて癒やしを求めるアニマルセラピー、人間とペットが共生する社会作りに役立つペットビジネス、猫に関する専門スキルを総合的に学ぶキャットマスターの専攻があります。
それぞれ専門的なスキルを習得して、将来の自分のために活かすことが可能です。
ペットシッターを目指している方はドッグトレーナーを選ぶ方が多いようです。

実際に学校内の雰囲気を知りたい場合には、オープンキャンパスを活用するのがおすすめです。
ペット学科でも定期的にオープンキャンパスを実施していますが、毎回実施する体験内容が異なります。
例えば子犬の健康チェックやプロから学ぶ犬のシャンプー方法、子犬のトレーニング方法など様々な内容がもりだくさんです。

Posted in スクール

7月 28th, 2015 by SLbec7uK

認定ペットシッター資格取得を目指す

ペットシッターとして開業を目指している場合は、動物取扱責任者の登録を済ませなければいけません。
動物取扱責任者になるためには、所定の要件を満たさなければいけません。
定められている要件の中でも認定ペットシッター資格を取得すると、動物取扱責任者になるための要件を満たすことになります。
ペットシッタースクールでは、所定のカリキュラムに沿った講座を修了すると認定ペットシッター資格を取得できます。
この資格により、自宅で開業することも可能になるメリットがあります。

参考:ペットシッターの資格を取るならペットシッタースクール

講座の特長

ペットシッタースクールの講座は、全国展開されているペットシッター専門のフランチャイズで50万件以上もの実績に基づき構成された内容になっています。
独自に作成した教材を使用して、経験豊富な講師陣が講習を実施しているため、より実践的な内容を習得することが可能になっています。
講師陣は様々な経歴の持ち主が存在しています。
動物行動学に詳しい先生、ペットトレーニングの先生、動物医療の専門医、ペット法学に詳しい弁護士など様々な講師陣が専門的な講習を行っているため、学習をするのが毎回楽しみだという方も多いです。

講座を受講する方法は、通学コースと通信コースがあります。
通学コースでは認定ペットシッターだけでなく、パピーティーチャーの資格も同時に取得できるため、独立開業をする際にはかなり有利になります。
ちなみにパピーティーチャーとは、子犬のしつけを行ったり飼い主さんの用事がある時などに一時的に預かる犬の保育園のような施設「パピー保育園」で働くための資格です。
通信コースでは遠方で学校に通うことができない場合におすすめの方法になります。
こちらは認定ペットシッターだけ取得できるコースになっています。
通信コースで学習する際にはテキストとDVDの教材を確認しながら学ぶことになります。
本当に通信コースだけでも大丈夫なのかと不安を感じる方もいますが、きちんと認定ペットシッターの資格を取得でき、十分なスキルを身につけることができるのでご安心ください。

講座を修了した方が対象になる認定ペットシッター資格の試験については、受験した方の約9割が合格しています。
万が一不合格だった場合でも再試験制度がありますので、あまり不安を感じずにリラックスして受験に臨んでいただけます。
合格後は資格を活かして就職や独立開業など様々な道が開けています。
特に講座と併設してフランチャイズ展開しているペットシッターSOSに加盟して本格的なビジネス展開をすることも可能です。
店舗を構えていなくても自宅で開業することも可能なので、様々なビジネスチャンスが広がると期待できます。

Posted in スクール

4月 26th, 2015 by SLbec7uK

がくぶんについて

がくぶん、とは総合的な通信教育を行う教育機関の1つです。
85年以上の歴史を持っている老舗であり、長年培われた経験の高さから信頼度は高いと言えるでしょう。

趣味的な講座から、実際に役立てることができる講座、資格取得講座、副収入になる講座などなど様々な講座が開設されているので、自分の興味があるものを受講して学ぶことができます。
ペット系の講座としては、ペット介護士講座のみとなりますが、その内容はかなり充実していると言っても良いでしょう。

ペット介護士講座について

近年では様々な意味からペットへの需要が高まっており、それに伴ってペット関連の職への需要が高まっています。
愛犬や愛猫が元気に暮らしていくためには、ペットケア系の技能は不可欠であり、また社会性をペットに持たせるしつけ、ストレスを緩和させるグルーミングなどの知識はとても大切です。

このペット介護士講座を修了した後には、世界の名犬牧場とがくぶんが認定するペット介護士の資格認定を取得することができます。
世界の名犬牧場とは世界各国の名犬70種300頭を揃えた場所であり、一般にも公開を行っているドッグコミュニティパークのことです。
群馬県にあり、ドッグカフェやペットの販売、エステなども行っており、ペットのための総合的な牧場だと言って良いでしょう。
あくまでも民間団体による資格ですので、公的な資格ほどの効果はありませんが、就職をする時にも有利に働くと言えます。

ペット介護士資格の内容について

当然ですが、動物は自分の体調がおかしかったとしても、それを人間に訴えることができません。
そこで、ペットの些細な変化も見逃さないようにすることが重要であり、動物のケアに関する知識を学習することで、早期発見早期治療を行うことができるようになります。
また、近年の住宅事情ではしつけをすることは必須であり、しつけをするにしても正しい方法をマスターすることが必要です。
これらの知識やスキルを効率的に学ぶことができるのが、本講座の特徴だと言えるでしょう。

通信講座の教材としても獣医師を初めとして、現場で活躍する方が講師をつとめたDVDがテキスト教材とともについていますので、自分の目でスキルを確認しながら学習することが可能です。

ペットシッター、ペット看護師など様々な職種からの需要がある中で、動物介護の基本的な知識を学べることは、とても有用であると言えます。
特にペットシッターとは相性が良い資格であり、ペットシッターを目指す人にとっては取得しておきたい資格の1つです。
大切なペットを飼い主に代わって世話をすることが仕事ですので、万が一のことが起こらないようにすること、起こったときに対処できること、の2つを学べることは他の仕事にしても、効果的ですね。

実際にペット介護士講座を修了した方で、ペット業界に就職をした人も多くいらっしゃいます。
このペット介護士の資格を取得したことを機に、キャリアアップを目指して別のペット系資格の取得をする人も多いようです。

Posted in スクール

3月 26th, 2015 by SLbec7uK

キャリアカレッジジャパンについて

講師2キャリアカレッジジャパンとは、総合的な通信教育を行っている教育機関の1つです。
ペット関連の資格だけではなく、様々な分野での通信講座を行っているのが特徴であり、医療系や心理系、ヒーリング系、ビジネス系など多くの資格に関する学習をすることが可能です。

ペット関連の資格としては、トリマー・ペットスタイリスト講座と、ペット看護師・セラピスト講座の2つが用意されています。

トリマー・ペットスタイリスト講座について

トリマー・ペットスタイリスト講座では、プロのトリマーの認定ライセンスの1つである日本能力開発推進協会が発行するトリマー・ペットスタイリストの資格取得目指します。
犬種による特徴、動物の習性、しつけ、健康管理といった基礎的な知識から学習を進めていき、実際にプロの方がトリミングを行っている実技のDVDを見ながら技術を学ぶことが可能です。
シャンプーやブラッシング、爪切りなどのグルーミングから、犬種や個体差にあわせたトリミング技術を学べるようになっており、トリミングの練習をすることができる犬体を使った実技指導がポイントになります。

最長で700日のサポート期間があることから、仕事を行っていたとしても自分のペースで学習することができるのが特徴で、学習に対するサポートも充実していると好評です。
技術系の資格ではありますが、DVDで細かく説明されていることから、自分でも実践しやすいことが人気の高い理由かもしれません。

ペット看護師・セラピスト講座について

ペット看護師・セラピスト講座では、犬や猫に関する健康管理や食事療法を中心として、しつけやグルーミング、アロマセラピーを学習することができる講座となります。
近年、ペットに関する需要が高まっていることから、ペット業界に対する人材への需要も大きくなってきています。
ペット業界においても頼りにされる職の1つがペットの看護師であり、セラピストです。

本講座では具体的な症例をあげて、実践的な看護を学習することができ、ペットに異変が起きる前の早期発見のスキル、病気や怪我などが起きてしまった時の応急処置のスキルもあわせて学ぶことができます。
また、アロマトリートメントやグルーミングといったペットに対するセラピーについても学べることで、幅広い職種に対応することが可能です。

ペットシッターなど需要の高い職種にとっても、この2つの資格を取得していることは大きなメリットになります。
ペットシッターとは飼い主に代わって、大切なペットの世話をする仕事であり、飼い主の方が留守をしている間に行う仕事です。
このことから病気や怪我などのことが起こった時には、非常に有利な資格を得ていることになるので、お勧めだと言えるでしょう。
ペットシッターだけではなく、ペット関連の仕事に就きたいと考えているのなら取得しておきたい資格です。

実際にこの講座を受講して、卒業している方でペット関連の仕事に就いている人は多く、既に働きながらもキャリアアップのために取得するといった人も少なくないようですね。

Posted in スクール

2月 23rd, 2015 by SLbec7uK

日本ケンネルカレッジについて

日本ケンネルカレッジとは、動物に関する資格取得を目指す人のための通信教育を提供する教育機関です。
8つの教育施設、団体、機構が協力してサポート体制を作っており、単純に通信教育で学習するだけはない、総合的なサポートを受けることができます。
日本ケンネルカレッジで通信教育の講師として、活躍しているのは現役のペット系専門学校で働いている教師の方です。
現役の講師の方が、講義とサポートの担当をしてくれるので、非常に教育としての質は高いと言えます。
また、そもそもは同グループの動物関連系の専門学校が行っている通信講座ですので、一般的な通信教育にありがちな表面的な対応ではありません。
学習教材からの質問だけではなく、他の疑問や質問には対応しており、電話、ファックス、メールにてサポート対応しています。
トリマーなど技術指導に関しても同様ではありますが、メールにて画像や映像などを添付して質問をすることも可能ですので、自分の技術に対して的確なアドバイスをしてもらうことができるでしょう。

実際に手厚いサポート体制は現役で受講している方、卒業した方からの人気が高く、受講終了後に仕事のことで起こったトラブルについても相談にのってくれるので心強いですね。
また、添削問題や認定課題への指導についても、高い評価を得ています。
通常の通信講座では基本的に正解か不正解かをチェックするだけですが、日本ケンネルカレッジでは添削をするのにも細かい解説や補足説明などを行ってくれるところから、より深い理解をすることが可能です。

また、日本ケンネルカレッジの特徴としては、実技のスクーリング授業があることですね。
従来の通信講座ではトリマーの資格など実技が必要になる場合は、どうしても直接的な指導が受けられないことがネックとなっていました。
教材として映像で学ぶことはできても、細かい点までのフォローはしきれないものです。
そこで、実技スクーリングが行われており、日本ケンネルカレッジの母体となっている専門学校の施設を利用して、実際に実技を行いながら指導を受けることができます。
この制度は非常に効果的であり、プロを目指す人にとってはとても嬉しいものでしょう。

日本ケンネルカレッジでは様々な講座が用意されており、ペット関連の仕事として人気の高いトリマーを初めとして、ブリーダーやビジネスなどの幅広い仕事に対して、講座が用意されています。
当然ですが、今後需要が高まるとされるペットシッターなどにも対応していますので、どの講座が対応するかなどは事前に確認しておくと良いでしょう。

ペットシッターとして必要な知識や技術を充分に学習することができますし、あわせて取得しておきたい資格なども受講できますので、動物関連の全般に対して応じていると言えます。

日本ケンネルカレッジの卒業生の声

日本ケンネルカレッジの通信講座を受講後、実際に自分が希望していた職種へと進んだ方は沢山いらっしゃいます。
そんな卒業生の声を聞くと、日本ケンネルカレッジの講座のフォローへの評価が高いです。
グループ企業での実習が役立っているという意見が多く、特に技術系の職種の場合は現場での経験が後になって活きてくるとのことです。

Posted in スクール