Category: ペットシッターの企業

9月 29th, 2017 by SLbec7uK

滋賀県草津市にある幅広いペットの世話をするお店

ペットシッター・ラブペットは、滋賀県草津市山田町にある犬・猫・小動物を対象としたペットシッターサービスです。

サービスエリアは草津市、大津市、栗東市、守山市までとなっていますが遠方であっても相談により受け付けてもらえることもあります。

サービスの中心は犬と猫ですが、他にもウサギやフェレット、ハムスター、モルモットといった小動物や、水槽で飼育する熱帯魚やカメ、鳥類も受け付けています。

ペットシッター業務を行っているのは個人の方ですが、業務歴は12年と長く地元を中心に数多くのペットを世話してきたという実績があります。

大手のペットシッターサービスでは、担当者を使命することができなかったり、同じ人に長期に渡って依頼することができないという問題がありますが、個人で行っているラブペットでは長く付き合えるところになります。

依頼をするサービスの内容としては給餌や給水といった全般的な世話だけでなく、散歩のみの代行業、さらに出張マッサージといったようなものから選べるようになっています。

サービスは1時間ごとに1回という料金体系になっており、事前に見積が提示されることからあとになって高額な料金を請求されることもありません。

猫や小動物についても主なサービスプランが提示されているので、自分の預けるスケジュールに合わせて適したものを選んでゆくことができます。

ペットシッターを行うときに気がかりになるのが万が一の事故や病気ですが、ペットシッター・ラブペットでは個人事業主にしては珍しくペット賠償保険に加入しているので安心です。

依頼までの流れとサービスの特長

ペットシッター・ラブペットでは、最初に依頼するときにはまず電話・FAX・メールで予約をし具体的なサービスについての打ち合わせを行います。

個人事業主として行っているサービスなので、繁忙期には予定通りの日程で依頼できないこともあるため早めに予約をしておくことが勧められます。

予約状況は公式サイトから確認することが可能なので、そちらから依頼する日程をあらかじめ決めておいた方がよいでしょう。

電話で予約をする場合には依頼日程やサービス内容についての確認をし、メールやFAXの場合にも折り返し確認事項の連絡があります。

仮予約が確定したらその後実際に依頼を受ける家庭にスタッフが訪問し、そこでどういった環境でペットが生活しているかを見てサービス内容を決めていきます。

実際に自宅でのサービス内容がまとまったらその場で契約書を発行するので正式契約の締結となります。
あとは当日の予定時間にスタッフが訪れるのでそこで鍵を預かりペットの引き継ぎを受けます。

Posted in ペットシッターの企業

8月 28th, 2017 by SLbec7uK

ハワイ語で「天使」が名前のペットシッターサービス

「anela(アネラ)」はハワイの言葉で「天使」という意味のペットに関わるサービスを提供するお店です。
店舗の住所は東京都足立区関原で、店内ではペットへのサービスだけでなく人気の高いペット用製品も販売しています。

ペットシッターだけでなく一時預かりのペットホテルとしても利用をすることができるので、こだわりのある安心できる施設であると言えます。

サービスの中心は犬ですが、ペットシッターサービスを利用するときには猫の世話もお願いすることができます。
料金は犬のサイズによって異なりますが、全体的に良心的な価格帯でまとまっており事前にいくらかかるかということがきちんと提示されているので初めてでも安心して相談できます。

多頭飼いにも対応しており、1世帯に複数の動物がいる場合には追加料金をオプションでつけることで同じようにサービスをお願いすることができます。

初めて利用をするときには特別な割引キャンペーンもあり、連続して利用する場合にはまとめて予約をすることで料金を安くできるプランもあります。

ペットシッターを利用するときに気になるスタッフの身元について、anelaでは徹底して事前に確認するようにしており、利用前に従業員証の提示をして安心して利用できる体制が整えられています。

一時的に預けたいときにも便利です

anelaでは、訪れるペットにとって心地よい空間になることを心がけた運営がされています。
ペットシッターサービスと並んで行われるのがペットホテルですが、預ける時間は1時間刻みから利用できるショートステイと、数泊預けられるホテルとがあります。

外出時にペットを入れることができないため美容室や通院の間だけでも預かってもらいたいといったときには非常に便利で、1時間あたり500円(税抜)という低価格で預けられるのが魅力です。

ホテルでは快適な空間を1頭あたりに用意し、犬の体の大きさによってケージの大きさを変えています。
利用前に体重や体高を計測してから見積もりを提示するので、あとからいくらになったからわからなくなるということもありません。

店内ではトリミングサービスも提供しており、東京23区内であれば送迎無料で自宅を訪れトリミングが終わったら返送するという便利なサービスがついてきます。

トリミングをするときには一緒にシャンプーやアロママッサージ、皮膚ケアや毛玉を防ぐ「アーユルヴェーダハーブパック」というエステプランもあるので一緒に受けてみることが勧められます。

別料金で足裏や爪切り、耳掃除、肛門腺絞りも受け付けているので、定期的にトリミングが必要になる犬種の場合にはかかりつけとして利用すると便利です。

Posted in ペットシッターの企業

7月 27th, 2017 by SLbec7uK

ペットシッターだけでなく総合的なサービスを提供する会社

麻布ペットは東京都渋谷区代々木と港区麻布台、西麻布の3ヶ所にあるペットに関連するサービスを総合的に提供するお店です。

3店舗はいずれも駅から近い距離のビル内にあり、広い店内の中ではペットを預かるだけでなくグルーミングやしつけなど幅広くサービスを提供してくれます。

ペットシッター以外のサービスとしては、一時預かりをする「ペットホテル」、ペットの素行に悩む人への「しつけ」、身だしなみを整える「トリミング」、ペットの老化に関する相談を受け付ける「ペット介護」、さらに送迎サービスの「ペットタクシー」や、大切なペットとの最後のお別れをする「ペット葬儀」があります。

一か所でここまで多くのサービスを提供してくれるお店はそれほど多くありませんので、都内でペットを飼育している人は一度は行ってみることをおすすめします。

中でも事業の中心としているのがペットシッターサービスで、急な用事で家を空けなければいけないときに対応可能なペットシッターを随時派遣しています。

業界初のネットワークカメラや、室内で盗難や詮索をしていないことを証明するセキュリティシールを導入するなど細かい部分にも配慮が行き届いており、初めてでも安心して利用ができる場所と言えます。

対応動物も犬・猫・小動物と多数

麻布ペットで取り扱っているのは、犬、猫、小動物となっています。
小動物は小鳥やウサギ、ハムスター、モルモットなどで、その他飼い主さんとの話し合いで対応するサービスの範囲をまとめていきます。

サービス内容について事前に公式サイトで標準価格を提示してくれているところも嬉しいところで、実際に見積もりを依頼してみて驚くような金額になってしまうというミスマッチがありません。

コースも短時間でピンポイントのサービスのみを依頼する場合から、ペットシッターが宿泊をしてつきっきりでペットの世話をするといった本格的なものまでがあるので都合に合わせて選ぶことができます。

ちょっと珍しいのがペットに関する仕事だけでなく家事代行サービスも30分から取り扱っているということで、長期間家を空ける時に気になる家全体の管理もペットと一緒にお願いしていくことができます。

家を長く空けていると気になるのがペットの健康状態ですが、麻布ペットでは専属カメラマンがお世話中のペットの写真を撮影してくれます。

留守中の様子をライブカメラで配信してくれるというサービスもあり、海外の旅先からでもペットがどんな様子で過ごしているかということを知ることができます。

一回限りの利用でなく定期的に利用する人には回数券もあるため、継続して利用をしていくことでよりお得な料金になります。

Posted in ペットシッターの企業

6月 26th, 2017 by SLbec7uK

テレビCMや雑誌でも多く紹介されている企業

日本ペットシッターサービスは、東京都武蔵野市に本社を置くペットシッター派遣業を専門にする企業です。
設立は平成11年からとなっており「ペットシッターフランチャイズ」という全国で同様の業務を行う店舗と提携しながら規模を拡大してきました。

ペットシッターフランチャイズとは、店舗のない個人でも行うことができる形態で本社である日本ペットシッターサービスが依頼を受けそこから最寄りの地域のペットシッターを派遣するという形で運営されています。

こうした新しいペットシッターサービスの形態はテレビや雑誌などで多く特集されており、これまで数多くのメディアから紹介を受けました。

また関連する多くの企業とも提携をしており、よりユーザーが安心して使用することができるサービスとして成長しています。

特にここ最近ではペットを飼育する家庭が増えたことや、ペットの飼育方法が多様化してきたことによりますます業務は拡大傾向にあり世の中のニーズにあったサービスを展開しています。

日本ペットシッターサービスを利用するまでの流れ

ペットシッターを利用する時に大きな問題になるのがペットとの相性です。
ペットシッターサービスを利用する人の大半は犬や猫を飼育していますが、それらの動物は個体によって飼い主以外の人への態度が大きく変わります。

ペットホテルや動物病院のような集団で預けられる場所に行っても平気で数日過ごすことができる場合もあれば、反対に半日程度でもストレスに耐えられなくなることもあります。

ペットシッターサービスを成功させるにはまずそのペットの性格を把握し、ペットシッターという方法が適しているかということを調べておくことが大切です。

そのため日本ペットシッターサービスではまず最初に打ち合わせをし、ペットが担当するペットシッターになついてくれそうかどうかを見ながら、実際に提供するサービスの内容を決めていきます。

ペットだけではなく、依頼を受ける飼い主さんとも話し合いをしていくことで、自宅の鍵を預けるということへの不安を払拭していきます。

ペットシッターではサービス提供者との信頼感が大切になるので、日本ペットシッターサービスは室内で必要のない場所には触れないということを徹底し、事前にできることとできないことをまとめてから見積もりを作成します。

犬・猫ともに基本は60分ごとのお世話で、その間に餌や散歩、トイレの清掃といった日常の作業をしていきます。
ペットによって遊び方など希望がある場合はそうしたものも事前に伝えておくことで時間内の作業に含めていくことができます。

犬猫以外にも小動物や水槽で飼育しているペットも対象としているので、幅広くサービスが提供してくれる企業と言えます。

Posted in ペットシッターの企業