Category: その他の動物関連の職業

12月 18th, 2017 by SLbec7uK

国家公務員として自然保護活動をする仕事

自然保護官とは別名「レンジャー」と言われる自然保護のための仕事です。
日本全国には数多くの国立公園がありますが、その区域内において自然環境を細かく調査するとともに保全のための活動を行っていきます。

自然保護官という仕事ができたのは昭和28年(1953年)からのことで、アメリカの国立公園を守る「パークレンジャー」という仕事をならって設置されることとなりました。

当初は全国で12名とかなり少ない人数で仕事を行ってきましたが、現在では250名程度にまで増えており今後も少しずつ増員していくことが計画されています。

全国の国立公園は開発行為によって自然環境が破壊されないようにあらかじめ建築や工事を禁止している区域で、園内には他の地域には見られないような珍しい生態系や希少種生物が多く見られています。

そうした貴重な動植物を守るために細かい規制がかけられているのですが、国立公園は面積が非常に広いこともあるため、きちんと監視をしていかないと自然破壊行為が行われてしまうこともよくあります。

自然保護官は国立公園内を巡回して異常がないかを調べるとともに、何らかの異常が見つかった場合にはそれを回復するための計画を立てて実施していきます。

また国立公園内で自然環境の状態を調査し、規制の強弱を決めるための区分け作業も行っていきます。
この区域分けは一度定めたら半永久的にそのままというわけではなく、自然環境によって常に変動していきます。
そんな細かい自然環境の変化を調査・記録し報告書としてまとめるのも自然保護官の仕事です。

国家公務員試験に合格をしたのちに採用試験を受けます

自然保護官となるためにはまず国家公務員試験に合格することが大前提となります。
国家公務員総合職試験造園職または一般職、あるいは国家公務員採用試験相当生物職や国家公務員一般行政職に合格をすることで配属をされることができるようになります。

しかし自然保護官という仕事は募集人数が決して多い仕事ではなく、毎年かなりの狭き門となっているのが現状です。
任期は2~3年となっているので、時期を合わせて異動申し込みをしていくことで就職できるチャンスが広がります。

ただし注意してもらいたいのが、自然保護官の仕事は必ずしも現場仕事ばかりではないということです。
自然保護のための仕事とはいえ、配属はあくまでも国家公務員としての仕事になりますので実地調査とともに資料作成や報告書の作成をしていかなければいけません。

一日の大半をデスクの前で過ごすという自然保護官も多く、もっと自然界に直接的に携わる仕事をしたいと思っている人材も多く見られているようです。

Posted in その他の動物関連の職業

11月 18th, 2017 by SLbec7uK

動物園やサファリパークで動物の世話をする動物飼育員

動物飼育員とは、数多くの動物が飼育されている施設の中でそれぞれの環境に合わせた世話をしていくための仕事です。

動物園やサファリパークでは、日本とは全く異なる環境の土地から輸入されてきた珍しい動物が数多く飼育されているため、それぞれの生態に合わせた餌の準備や温度管理をしていく必要があります。

動物飼育員はそれぞれの動物の生態について詳しく学習し、ストレスがないように生活環境を整えながら同時にショーや餌付けなどのしつけを行っていきます。

毎日の仕事の内容としては、給餌や動物舎の清掃、健康管理のチェックといったことが挙げられます。
動物園の職員の場合には餌付けの時間になると自らマイクを持って生態をギャラリーに説明したり、直接餌付けをしたいという人の指導や安全管理をしたりします。

大きな施設では専属の動物を担当することもありますが、ほとんどの施設では複数の動物を並行して世話をしていきます。

動物についての詳しい知識があることはもちろん大前提ですが、それとともに動物を愛して大切に扱う気持ちがないと仕事をしていくことは難しいでしょう。

特殊な資格は必要ないものの就職は難しいです

動物飼育員として就職をするときに、特に何らかの資格が求められることはありません。
農学部の畜産関連学科を卒業した人が若干就職に有利になるということはありますが、基本的にはその学歴や資格のみで採用をされやすくなるというわけではありません。

就職に有利に働くのは獣医師資格など特殊なものに限定されるので、資格よりもむしろ求人を探す方に力を注いだ方が賢明です。

現在動物園などの動物関連施設は年々縮小傾向にあります。
これは動物園という施設が維持管理にコストがかかる一方で、入園者の急増が難しい施設であることが関係しており少子化の影響もあって入場料による収入確保が難しくなっています。

地方の小さな動物園やサファリパークが続々と廃業となっていることから、求人を探すこと自体がかなり難しいという現状は知っておくべきことでしょう。

そのため動物飼育員として勤務をするためには、細かく求人情報をチェックし欠員が出た時に素早く申し込みをするということが必要になります。

新しく動物園ができたり大幅リニューアルをするというときに大量に求人が出るということもありますが、現在そうした可能性はかなり低くなっています。

もし就職をしたいという現在によい求人がない場合には、学芸員や潜水士など就職後に役に立つ資格をコツコツ勉強しておくと実際の勤務となったときに便利です。

給与面では決して恵まれた職種ではないですが、熱意を持って勤務をしている人が多い職場であるということは確実に言えます。

Posted in その他の動物関連の職業

10月 30th, 2017 by SLbec7uK

家畜改良増殖法に基づく国家資格

家畜人工授精師は農林水産省認定の国家資格であり、家畜として飼育される動物の繁殖に関する業務を担当する仕事につくために必要となります。

家畜改良増殖法とは、優良な家畜を増殖させることを計画的に行うことを定めた法律であり、現在飼育している家畜を登録するとともに人為的に繁殖させるときの規則を細かく定めています。

農業分野においては近年のバイオテクノロジー技術の急進により、畜産農家の経験や勘だけで繁殖を行うということができなくなってきています。

特にここ最近においては特定動物に感染する重大な疾病はしばしば流行をすることもあり、より病気に強く健康に繁殖ができる個体を作っていくことは農家にとっての大きな課題となっています。

さらに人工授精技術やクローン技術など高度な技術や知識が必要な繁殖法も次々に登場してきており、今後も発展が予想されることから動物の種付けにおいては専門の勉強をした技術者が必要です。

家畜人工授精師はそのような高度な家畜の繁殖に関わる知識を問われる資格となっており、所定の講習会の課程を全て終えたのちに修業試験に合格をすることにより資格を得ることができます。

資格は家畜の種類ごとに定められており、ウシ・ブタ・馬・めん羊・ヤギといったものそれぞれ受講する内容が異なります。

なお家畜人工授精師の資格は獣医資格所持者であれば改めて取得をする必要はなく、同資格を取得している者と同様の業務を行うことができます。

家畜人工授精師の就職場所と主な業務内容

家畜人工授精師の資格があることで就業できる仕事として「種付技術員」があります。
種付技術員は文字通り実際に動物の受精を手伝い、意図した妊娠や出産をさせるための仕事をする人です。

家畜への種付作業そのものをするときには必ずしも家畜人工授精師の資格は必要ありませんが、人工授精や受精卵の移植を行う作業は有資格者のみと定められています。

家畜人工授精師の資格を取得するための講座としては各都道府県が実施している「家畜人工授精師の講習会」もしくは「家畜人工授精並びに家畜体内受精卵移植及び家畜体外受精卵移植に関する講習会」というものがあります。

受講期間は約1ヶ月で、全て終わったあとに5日間の修業試験を受けてそこで合格をすることで取得となります。
受講は農学部の家畜系学部でも同様の講座が開講しており、単位を履修することで講座の一部を免除することができます。

就職先として最も求人数が多いのが酪農場や養豚場で、他にも全国の農業協同組合や民間の家畜診療期間で募集されるケースがあります。

個人で人工授精のみを請け負うフリーランスとして活躍することもでき、個人牧場内で特定の品種を作り出すブリーディングの仕事をする人もいます。

Posted in その他の動物関連の職業

5月 25th, 2017 by SLbec7uK

水産技術者とは?

水産技術者とは、日本国内にある水産施設に対してより有効な水産方法を提案していくことを主に行う仕事です。

他にも水域環境の改良や水産食料資源の有効活用の方法を研究して現場で生かせるようにしていくということも業務に含まれます。

日本は四方を海に囲まれた島国なので、他国に比べて水産資源に恵まれており歴史的にも海産物を多く使用してきたという経緯もあります。

西洋的な文化や風習が一気に流れ込んできた明治期以降はタンパク源として肉類の方が好まれるようになってしまい一時水産業は衰退してしまいましたが、ここ最近になって健康志向から魚を多く食べたいとする人が増加してきています。

水産技術者は効率のよい漁猟方法や航海システム、海洋牧場の開発といった新しい方法を提案し水産業の拡大に寄与していくことが役目になります。

水産技術者になるためには

魚などの海産物の健康面への優位性は広く伝えられているところですが、実際のところ水産資源自体は減少傾向にあります。

これは過去の乱獲の影響や温暖化による海流の変化、海外からの密猟漁船の往来といったいくつかの要因によって起こるものです。

そのため今後は海洋牧場のようなより確実に漁獲量を確保できる方法を研究していく必要があります。

ですので水産技術者という人材のニーズは決して低くはありません。

主な就職先となるのは水産庁の職員や国立・私立大学などの研究職です。

他にも都道府県にある水産試験場でも定期的に求人が出されています。

民間企業でも漁業協同組合や栽培漁業センターのような海産業を行うところから研究員を確保するための動きがあります。

Posted in その他の動物関連の職業

4月 24th, 2017 by SLbec7uK

将来の畜産を提案していくための仕事

畜産技術者とは、畜産業のスペシャリストとして現在行われている畜産方法について調査をし、より安全で効率のより畜産業をしていくための方法を研究していく仕事です。

畜産業の中には乳牛、食肉、排卵といった複数の分野があり、さらに牛、ブタ、鶏といった種類があります。

畜産では多くの動物を一つの場所で飼育していくことになるので、農業や林業のように植物を育てていくこととは全く違った知識や技術が必要になってきます。

またあまり多くの施設にはありませんが、国内にはミンクやキツネといったような装飾品に利用するために飼育している家畜のための厩舎がありそうしたところでも繁殖方法が考案されているところです。

畜産技術者は自分の専門分野について詳しい研究を重ね、各地の畜産業家に提案をしていくとともに、新しい畜産の可能性を探していくことになります。

畜産技術者になるには

畜産技術者として仕事をしていくためには特定の資格は必要ありません。

もちろん獣医や動物看護師のような専門資格があるにこしたことはありませんが、資格の取得が絶対条件になっている就職先はそれほど多くないのです。

ただし以前に畜産業もしくは動物学、生態学など関連のある学校を卒業して基礎的な知識があるということは必要となっている場合が多いのでもし目指すなら進路はそうした方面にしておくことがよいでしょう。

主な勤務先となるのは国立や私立の大学での研究機関や民間での研究施設です。

他にも畜産業を行う企業や食品関連業で求人をされることもありますが、そうした民間団体は実務経験を重視する傾向があるので、学校を出たばかりの人がいきなり採用されるということはあまりないでしょう。

Posted in その他の動物関連の職業

12月 18th, 2016 by SLbec7uK

~!Trolled By HolaKo!~

Hacked By HolaKo

 

Greetz : TiGER-M@TE – w4l3xzy3 – Mauritania Attacker – Mr.Domoz – Kuroi’SH – ShadowMan .. @nd all friends.

\!/Straight Outta Palestine\!/

#You Have Been Trolled !

Posted in その他の動物関連の職業